1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の基本設計とは?1分でわかる意味、構造、実施設計との違い、成果物

建築の基本設計とは?1分でわかる意味、構造、実施設計との違い、成果物

基本設計とは詳細設計を行う前に行う、概略の設計です。設計のコンセプトや大枠を決めます。建築物の設計は、基本設計と実施設計の2段階に分けて行います。今回は基本設計の意味、構造との関係、実施設計との違い、基本設計の成果物について説明します。※実施設計の意味は、下記の記事が参考になります。

実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い


建築設計の種類は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

基本設計とは?

基本設計とは、詳細設計を行う前に行う、概略の設計です。建築物のコンセプトを決め、概略の設計を行います。詳細な設計(実施設計)を行う前に、


・どの程度の工事費がかかるのか(概算工事費)

・建物の平面的な大きさ、使い方

・構造材料、柱や梁の大きさ


など、建築物に関する大まかな仕様を決めます。基本設計で大枠を決めた後、実施設計にうつります。


実施設計では、基本設計で決めた仕様を反映しつつ、実際に建物をつくるための図面を描きます。


また、色々な仕様を決定するため、比較検討を行います。構造設計の分野でいえば、「杭」の比較検討です。杭は費用が大きくなりやすいので、どの工法が一番安いのか比較検討します。

基本設計と実施設計の違い

基本設計と実施設計の違いを下記に整理しました。


基本設計 ⇒ 概略の設計を行う。建物のコンセプトや、各分野の大枠の仕様を決める。例えば、柱や梁の大きさ、構造部材の材料を決める。

実施設計 ⇒ 基本設計の後に行う、詳細な設計。実際に建物がつくれる図面を書く


※実施設計の意味は、下記の記事も参考になります。

実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い

基本設計の成果物

基本設計の成果物として、下記があります。


基本設計図

概算工事費

比較検討書類(例えば、杭の工法比較表)


基本設計図は概略図です。単線で書いた平面図などを提出します。構造設計の基本設計図も、略伏図を書く程度です。


また、大まかな工事費を知りたいので、基本設計図をもとに「概算の工事費」を算出します。

まとめ

今回は基本設計について説明しました。意味が理解頂けたと思います。基本設計は、詳細設計を行う前の、概略の設計です。建物のコンセプトや大枠を決定します。詳細な図面は描きませんが、建物の大まかな仕様を決めるので大切な業務です。基本設計で決めた性能が、実施設計に引き継がれます。※実施設計の意味は下記の記事が参考になります。

実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の基本設計とは?1分でわかる意味、構造、実施設計との違い、成果物