1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 境界梁とは?1分でわかる意味、効果、曲げ戻し、連層耐震壁との関係

境界梁とは?1分でわかる意味、効果、曲げ戻し、連層耐震壁との関係

境界梁とは、耐震壁に接続する大梁のことです。境界梁は、連層耐震壁の基礎の浮き上がりを抑える効果があります。今回は境界梁の意味、効果、曲げ戻しや連層耐震壁との関係について説明します。※連層耐震壁の詳細な意味は、下記の記事が参考になります。

連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形


また、耐震壁の意味は下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

境界梁とは?

境界梁とは耐震壁に接続する大梁のことです。下図をみてください。これが境界梁です。

境界梁

連層耐震壁を配置する建物では、境界梁を設けます。※連層耐震壁の意味は、下記の記事が参考になります。

連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形


また、境界梁はせん断破壊が起きないよう設計します(端部に曲げ降伏が生じる設計を行う)。※せん断破壊と曲げ破壊の意味は、下記の記事が参考になります。

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

境界梁の効果

境界梁は、連層耐震壁の基礎の浮き上がりを抑える効果があります。専門的に言うと、境界梁に生じる曲げモーメントおよびせん断力による、曲げ戻しの効果です。


専門的なことを知らなくても、下図を見れば境界梁が浮き上がりを抑える効果があることを理解できます。下図を見てください。連層耐震壁だけの構造です。耐震壁は剛性が大きいので、沢山の力が集中します。※剛性の意味は下記の記事が参考になります。

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数

連層耐震壁のみ

大きな力が作用するので、引き抜かれる力も大きいです。


次に下図をみてください。連層耐震壁の左側に、梁をつなぎました。水平力により、壁が左から右へ移動するのを、梁が「引っ張る」ことで、抑えられていると思いませんか。

連層耐震壁と境界梁

次に、連層耐震壁の右側に梁を繋ぎました。壁が右側へ倒れようとする動きを、梁が抑えてくれます。

連層耐震壁と右側の境界梁

連層耐震壁は、基礎の浮き上がりが問題になることが多いです。上記の境界梁効果を利用して、基礎の浮き上がりを抑えます。

境界梁と曲げ戻しの関係

境界梁には、曲げモーメントおよびせん断力が生じます。この大梁に生じる曲げモーメントは、連層耐震壁に曲げ戻しのモーメントが作用することで、釣り合います。

まとめ

今回は境界梁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。境界梁は、連層耐震壁に接続する大梁です。境界梁の効果を覚えてください。併せて、連層耐震壁の特徴も理解しましょう。下記の記事も参考になります。

連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 境界梁とは?1分でわかる意味、効果、曲げ戻し、連層耐震壁との関係