1. HOME > 鋼構造の基礎 > 梁の寸法は?1分でわかるrc造、s造の寸法、H形鋼の寸法の読み方

梁の寸法は?1分でわかるrc造、s造の寸法、H形鋼の寸法の読み方

梁の寸法には標準(大まかな目安)があります。rc梁は自重が大きく、ヤング係数が小さいため、大スパンに対応できません。よって梁せいが大きくなりやすいです。一方、s造は大スパンでも梁せいを抑えることが可能です。今回は、各構造による梁寸法の標準、H形鋼の寸法の読み方について説明します。


※梁については下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

梁の寸法は?

梁はスパンに応じて標準的な寸法が決まっています。この標準値から外れている梁の寸法は、


の2つが考えられます。例えば、RC造の梁寸法はスパンの1/10以上が基本です。計算しなくても、スパンが10mのとき、梁せいは1000mm以上とします。


但し、作用する荷重の大きさで1/10の値から前後します。梁寸法の標準的な値を後述しました。

建物構造による梁寸法の標準

RC造とS造による梁寸法の標準(梁せいとスパンの比率)を示します。あくまで標準なので、実際の梁せいと異なります。

RC造

RC造は自重が大きく、ヤング係数が小さいため、大スパン構造に向きません。梁せいとスパンの比率は下記です。


Dは梁せい、Lはスパンです。L=6.0mのとき、D=600です。これは大梁、小梁とも共通の考え方です。地中梁については、フーチング深さ、ピット深さなど他の要因も多いので一概に言い切れません。


一般的な建物ではスパンが6〜8m程度です。このとき、梁の寸法は下記です。


上記は参考ですが、D/L=1/10は暗記しましょう。※RCの自重については下記の記事が参考になります。

自重とは?1分でわかる意味、建築物、梁、コンクリートでの計算、読み方

スポンサーリンク
 

S造

S造は自重が小さく、ヤング係数が大きいため、大スパン構造に適しています。梁せいとスパンの比率は下記です。


一般的な建物ではスパンが6〜8m程度です。このとき、H形鋼の梁の寸法は下記です(参考です)。


S造の梁は形鋼がほとんどなので、梁幅は決まった寸法があります。梁せい400の場合、梁幅200、250などがあります。H形鋼については下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

また、各形鋼の規格についてもご確認ください。

H鋼とは何か?

H形鋼の梁寸法の読み方

下記に、H形鋼の部材を示しました。このH形鋼の寸法は、どう読み取れば良いでしょうか。


まず「H」は形鋼の種類を示します。Hと書いてあれば、「H形鋼」です。「200」は梁せい(梁の高さ)、100は梁幅、5.5はウェブの厚み、8はフランジの厚みです。他のH形鋼でも共通の読み方をします。


※他の形鋼の記号は下記です。

[ 溝形鋼

C リップ溝形鋼

L 山形鋼


各形鋼の規格も、併せてご確認くださいね。

まとめ

今回は梁の寸法について説明しました。各構造の梁寸法のイメージを持って頂けたと思います。RC造とS造の、梁せいとスパンの関係は暗記してください。S造で使う形鋼は、大まかな特徴を理解してください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 梁の寸法は?1分でわかるrc造、s造の寸法、H形鋼の寸法の読み方