1. HOME > 構造計算の基礎 > 負反力とは?1分でわかる意味、読み方、例題、負反力の求め方
スポンサーリンク

負反力とは?1分でわかる意味、読み方、例題、負反力の求め方

負反力(ふはんりょく)とは、一般的に、重力方向に作用する反力です。建物が浮き上がる、建物を引き抜かれるとき、負反力が生じます。今回は負反力の意味、読み方、例題、負反力の求め方について説明します。反力の求め方は、下記が参考になります。

梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法

負反力とは?

負反力とは、重力方向に作用する反力です。下図をみてください。これが負反力です。

負反力

ラーメン構造に水平力が作用しています。このとき、片方は上向き(重力と反対向き)に反力が生じます。この反力は「正」の値です。左側の支点に着目すると、下向きに反力が生じています。これが負反力です。負反力は、重量と逆方向に作用します。


負反力は計算上、「マイナス」の符号が付きます。構造計算では、支点に負反力が生じないよう設計するのが基本です。建物には、


長期時反力

短期時反力


があります。長期時反力とは、長期荷重時による反力です。特殊な構造形式でない限り、反力は全て「正」の値です。一方、短期時反力は、上図に示した通り、負反力が生じます。構造計算では、長期時反力と短期時反力を組み合わせて、最終的に「負反力にならないこと」を確認します。

負反力の読み方

負反力は「ふはんりょく」と読みます。反力は「はんりょく」と読みます。

負反力の例題、求め方

例題を通して、負反力を求めましょう。下図をみてください。水平力と軸力が作用するラーメン構造があります。支点に作用する反力を計算しましょう。

負反力の例題と求め方

まず柱に着目します。柱の真上に集中力が作用しています。これは、柱に直接伝達される荷重です。よって、上向きの反力が生じます。次に水平力による反力は下式で計算します。


R=10×2.0/1.0=±20.0kN


以上、反力を集計します。


左支点 10−20=−10kN

右支点 10+20=+30kN


上記より、左支点には負反力が生じています。建物が浮き上がるということなので、負反力が生じないよう左支点には重りが必要です(実務では、さらに基礎の重量を考慮する)。

まとめ

今回は負反力について説明しました。意味が理解頂けたと思います。負反力は、重力と反対向きの反力です。負反力が生じる場合、建物が浮き上がる可能性があります。構造設計の実務では、負反力が生じないよう設計を行います。負反力の意味、求め方も勉強しましょう。下記の記事も参考になります。

反力ってなに?反力の求め方と支点反力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 負反力とは?1分でわかる意味、読み方、例題、負反力の求め方