1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 切梁とは?1分でわかる意味、読み方、腹起しとの違い、間隔、火打ちとの関係

切梁とは?1分でわかる意味、読み方、腹起しとの違い、間隔、火打ちとの関係

切梁とは、山留壁や腹起し(山留壁など)の変形を抑えること、山留壁などに作用する力を減らす目的があります。山留壁だけで自立できない場合、切梁が必要です。今回は切梁の意味、読み方、腹起しとの違い、切梁の間隔、切梁と火打ちとの関係、切梁のプレロード工法について説明します。※山留工法の種類は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

切梁とは?

切梁とは、山留壁や腹起しの変形を抑えること、山留壁、腹起しに作用する力(応力)を減らすため設置する部材です。下図をみてください。山留壁、切梁を示しました。

切梁と山留壁

上図のように、地中工事の作業性を考えると、切梁は「無い」方が望ましいです。ただ、根切りが深いと土圧が大きいです。土圧が大きいと、自立した山留壁では対応できません(変形や応力が大きすぎる)。※敷地が広い場合、中央部の躯体を先行してつくる「アイランド工法」があります。アイランド工法は、下記の記事が参考になります。

アイランド工法とは?1分でわかる意味、メリット、切梁の必要性、留意点

切梁の読み方

切梁は「きりばり」と読みます。その他、山留に関する部材の読み方を整理しました。

切梁と腹起しとの違い

下図に、切梁と腹起し、山留壁を示しました。

切梁と腹起し

切梁と腹起しの違いを下記に整理しました。


腹起しは山留壁に沿わせる水平部材、切梁は腹起しや山留壁の支持部材と覚えてくださいね。

スポンサーリンク
 

切梁の間隔

切梁の間隔は、山留壁や腹起しの計算に応じて変わるので一概に言えませんが、6〜8m程度が一般的かと思います。偏りなく切梁を設置することが基本です。

切梁と火打ちとの関係

切梁から腹起しにかけて配置する斜め部材を、「火打ち」といいます。※火打ちは、山留以外の部材にも使う用語です。


火打ちは、腹起しの補強部材です。切梁を補強する部材では無いので注意してください。下図をみてください。腹起しは、山留壁に作用する土圧を受けて、応力が作用します。火打ちが無い場合、腹起しのスパンは「切梁の間隔」です。

腹起しと火打ち

火打ちを設置すれば、腹起しのスパンを短くできて、変形・応力が軽減されます。よって腹起しの部材断面を小さくできます。

切梁へのプレロードとは

切梁を設置した後、切梁にあらかじめ圧縮力を作用させることを「プレロード」といいます。切梁へプレロードを入れる目的が下記です。

下図をみてください。山留壁に作用する土圧荷重の向き、プレロードの向きを示しました。プレロードは、土圧荷重と逆向きの力を作用させるので、「見かけの土圧荷重」を減らしています。

切梁とプレロード

まとめ

今回は切梁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。切梁は、山留壁や腹起しの変形、応力を抑えるために設置する部材です。ただできる限り、切梁は無くした方がいいでしょう。地中工事の作業性が悪くなるからです。また、切梁と腹起しの違い、役割は覚えてくださいね。他にも色々な山留工法があるので、下記の記事も参考にしてくださいね。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 切梁とは?1分でわかる意味、読み方、腹起しとの違い、間隔、火打ちとの関係