1. HOME > 構造力学の基礎 > 崩壊形の判定方法 例題

崩壊形の判定方法 例題

例えば、一般的な鉄骨ラーメン構造を下図のように部分的に取り出してみます。すると、2階建て以上の建物で中柱の場合は、1本の柱(柱頭と柱脚)に対して1つのパネル、2つの梁が取りつきます。


以上の全塑性耐力を計算して比較すれば良いです。


・柱耐力Mpc(梁耐力Mpb)

柱耐力(梁耐力)=Zp×F値 で算定されます。

Zp:全塑性モーメント、F値:鋼材の基準強度。また、柱脚と柱頭の2カ所あるため、上記の算定結果に『2』を乗じます。梁についても同様です。


・パネル耐力Mpp

パネル耐力=Ve×F/√3

パネルの体積:Ve=2×dc×dt×tp、dc:パネルの高さ(梁フランジの中心間距離)、dt:パネルの幅(柱の板厚中心間距離)、tp:柱の板厚


以上、それぞれ耐力を算定した結果を下記で検討します。


ΣMpc ≧ min(1.5ΣMpb , 1.3ΣMpp)


OKならば全体崩壊形、NGなら部分崩壊形と判定されます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 崩壊形の判定方法 例題