建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 建物の崩壊形とは?

建物の崩壊形とは?

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


平成19年の告示から鉄骨造の保有水平耐力計算で崩壊形を確認する事が義務付けられました。崩壊形の判定とは、建物がどのように壊れるか?ということです。但し、壊れ方と言っても、非常にざっくりとした決め方で、例えば天井、内装や建具の破壊は考えませんし、一般的な建物は外壁の崩落ですら詳細に検討することはありません。


東日本大震災では、構造体の被害はありませんでしたが、むしろ外壁や天井材の被害が目立ちました。仕上げは躯体よりも軽いといっても、金具込みのALCで100kg/㎡、一般的な天井でも20kg/㎡あります。頭に落ちてきたら、と思うとぞっとします。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

さて崩壊形とは、柱、梁、接合部の崩壊についての議論です。

この構造的な崩壊形のケースは、構造的に3つ定義されています。下記のとおりです。


・全体崩壊形

・部分崩壊形

・局部崩壊形


この3つのうち、構造的に最も望ましいとされているのが全体崩壊形です。各階で梁にヒンジを発生させることで、高いエネルギー吸収が期待できます。ただ、部分・局部崩壊形を禁止しているわけではなく、最終的に保有水平耐力を満足していれば問題ありません。


部分崩壊形や局部崩壊形は、いわゆる柱崩壊や壁のせん断破壊など脆性的な崩壊を意味します。特定の層で柱ヒンジが発生し、崩壊メカニズムに至るパターンも、この分類です。


さて、鉄骨造の設計では、全体崩壊形かそれ以外の崩壊形かを判定し、それ以外の場合を、部分崩壊形とします。部分崩壊形の場合には、柱の全塑性耐力を低減して塑性ヒンジの耐力とします。


柱の耐力が低下すれば、増分解析で柱に早くヒンジが発生し、層間変形角で耐力を規定している建物は、さらに耐力が低下します。


崩壊形の判定方法、例題は下記が参考になります。

崩壊形の判定方法

崩壊形の判定方法 例題

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 建物の崩壊形とは?
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事