1. HOME > 構造計算の基礎 > 1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

建築用語で「階高」という言葉があります。我々はごく一般的に使いますが、一般の方には馴染みがないでしょう。一体、階高とはどこからどこまでの高さでしょうか。また、構造階高というマニアックな用語もあります。どういった意味でしょうか。


今回は階高と構造階高のそれぞれの意味、両者の違いについて説明します。


階高とは何か

階高とは建物におけるどの高さを表す言葉でしょうか。これは図を見てもらったほうが簡単です。下図をみてください。

建物を模式的に描いた図です。柱と梁が3層に渡ってありますね。さて、階高とは、上図に示す通りFLからFLまでの高さを言います。FLとは「フロアライン」の略で、「床のレベル」を意味します。


例えばマンションにお住まいの方は自分の部屋をイメージしてください。住んでいる部屋の床が、FL(フロアレベル)です。このとき階高とは、上階あるいは下階のFLまでの距離になります。


ただし例外として最上階に関しては、「FL〜屋根のスラブレベル(RSL)」が階高となります。


以上のように、マンションにお住まいの方にとって、階高とは馴染みが少ないと思います。内覧で階高が分かるわけでは無いし、むしろ住む人は「天井高」を意識しますよね。天井高とはFLから天井までの高さを言います。下図に一般的にマンションの断面図を描きました。

スポンサーリンク
 

天井高はFLから天井までの高さなので、必ず階高より小さくなります。上図は模式的に示しましたが、実際にはFLと床の躯体(スラブ)は一致しないこともあります。FLとはあくまで床のラインであって、躯体のラインとは別なのです。注意しましょう。再度説明しますが、階高とはFLから上階あるいは下階のFLまでの高さを示します。


構造階高とは何か

では構造階高とは何でしょうか。実は構造階高は、一般の方が耳にすることは無いと思います。建築業界の関係者でも知る人は少ないでしょう。この用語は、構造設計の専門用語だからです。


構造階高と階高との関係を下図に示しました。

左側が階高で、右側が構造階高です。このように、構造階高は構造躯体の芯から芯までの距離を表した寸法です。階高とは全く違う寸法になるので注意したいですね。


まとめ

今回は階高と構造階高の説明をしました。両者の違いは図を見れば一目瞭然だと思います。実務者は当たり前に知っている用語ですから、これから建築の業界にはいられる方は理解しておきたいですね。


以上、参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味