建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > σ(小文字)の書き方は?1分でわかる書き方、手書き、標準偏差との関係

σ(小文字)の書き方は?1分でわかる書き方、手書き、標準偏差との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


σの書き方(書き順)は、時計回り(右回り)に小文字のo(オー)を右斜めに傾けて書いて、線を閉じずに伸ばして留めます。伸ばした線が長くなると数字の「6」に見えるので注意しましょう。σの場合は、ほんの少し線を伸ばすだけです。σは標準偏差の記号として使います。


今回はσの書き方、手書きの方法、標準偏差との関係について説明します。その他のギリシャ文字の書き方・読み方は下記をご覧ください。

ρの書き方は?1分でわかる書き方(書き順)、σ、δの書き方、密度との関係

ρの読み方は?1分でわかる意味、密度の単位との関係、書き方、Pの読み方

δの読み方は?1分でわかる読み方、意味、使い方、εの読み方

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

σ(小文字)の書き方は?手書きの方法

σ(小文字)の手書きでの書き方を下図に示します。


σの書き方


σの書き方(書き順)は、時計回り(右回り)に小文字のo(オー)を右斜めに傾けて書いて、線を閉じずに伸ばして留めます。このとき、線を伸ばし過ぎると数字の「6」に見えるので注意しましょう。


下図にσと6を書きました。よく見ると全く違うのですが、手書きで書くと間違えやすいです。


σと6の違い


工学、物理、数学などでσを表す場合、必ず正しい書き順で書く必要は無いです。それよりも「σ」だと判別できるように示しましょう。


また、σの他にもギリシャ文字にはρやδなどがあります。下記の書き方、読み方も勉強しましょうね。

ρの読み方は?1分でわかる意味、密度の単位との関係、書き方、Pの読み方

δの読み方は?1分でわかる読み方、意味、使い方、εの読み方

σと標準偏差の関係

σは標準偏差の記号として使うことが多いです。例えば、下図のような正規分布(簡単にいうと、ほとんどのデータが平均値付近に分布すること)をみてください。


図 σと標準偏差


0(平均値)から、どのくらいデータがばらつくか表すものが標準偏差です。「+σ、-σ・・・」のように表します。

まとめ

今回はσの書き方について説明しました。σは小文字のo(オー)を時計回りに右斜めに傾けて書き、線を閉じずに少しだけ伸ばします。伸ばした線が長くなりすぎないよう注意しましょう。関係記号としてρやδの書き方も勉強しましょうね。

ρの書き方は?1分でわかる書き方(書き順)、σ、δの書き方、密度との関係

δの読み方は?1分でわかる読み方、意味、使い方、εの読み方

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

1級・2級建築士試験(構造)の質問受付中

現在、3日間の無料お試しキャンペーン実施中。無料で質問してみよう。

友だち追加

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【有料メルマガの初回資料が今だけ無料!】1日約13円で情報をアップデート!

有料メルマガを無料で見てみませんか?⇒ 忙しい社会人、学生のためのビルディング・アップデート

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > σ(小文字)の書き方は?1分でわかる書き方、手書き、標準偏差との関係
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事