1. HOME > 構造力学の基礎 > σとは?1分でわかる意味、読み方、建築での意味、数学での使い方、公式

σとは?1分でわかる意味、読み方、建築での意味、数学での使い方、公式

σは構造力学や材料力学では、「応力度」「応力」の意味で使います。数学ではΣ(ラージシグマ)を総和計算の記号として使います。今回はσの意味、読み方、建築での意味、数学での使い方、各公式について説明します。※建築では色々なギリシャ記号を使います。εについては下記の記事が参考になります。

εとは?1分でわかる意味、読み方、単位、イプシロンとひずみの関係

σとは?

σとは、構造力学や材料力学では、「応力度」や「応力」の意味で使います。ギリシャ記号です。建築の構造力学(材料力学)では、応力度の意味で使うことが多いです。


σを単に「しぐま」と読みます。応力度、応力については下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法


ただ、数学では全く違う意味です。数学では、σではなくΣと書きます。Σは、数の総和という意味です。エクセルの計算式に「sum」があります。ΣとSumは似た意味ですね。

σの読み方

σは「しぐま」と読みます。数学で使うΣは「らーじしぐま」です。ただ、σとΣを混用しないときは、単に「しぐま」と読んでもいいでしょう。

建築で使うσの意味

建築では使うσは、応力度という意味です。σは色々な公式に使います。

公式

σ(応力度)の公式を下記に整理します。


・σ=Eε

・σ=M/Z

・σ=P/A


σは応力度、Eはヤング係数、εはひずみの記号です。詳細は下記の記事が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント


また、Mは曲げモーメント、Zは断面係数の意味です。詳細は下記の記事が参考になります。このとき計算するσを曲げ応力度といいます。

曲げ応力とは?1分でわかる意味、公式と演習問題、単位、曲げ応力度

断面係数とは


Pは軸力、Aは断面積です。軸力が作用する部材に生じる応力度です。応力度の種類は下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

数学で使うσの意味

数学では小文字のσではなく、「Σ」と書きます。Σは数の総和(合計)です。Σは下記のように使います。

Σは数の総和

上式の「5」は、「i+1」の計算を5回繰り返すという意味です。さらに、iを5まで変えて計算します。i=1とは、「1から計算を始める」意味です。上式の総和の計算は、下記です。

です。

まとめ

今回はσについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築で、σは応力度や応力の意味です。ただ、数学や物理では、Σで表し、数の総和を意味します。両者の違いを覚えてくださいね。また、建築ではσ(スモールシグマ)ですが、数学ではΣ(ラージシグマ)です。建築では色々なギリシャ記号を使います。εについても勉強してくださいね。

εとは?1分でわかる意味、読み方、単位、イプシロンとひずみの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > σとは?1分でわかる意味、読み方、建築での意味、数学での使い方、公式