1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 特定行政庁とは?1分でわかる意味、東京都、愛知県の一覧、建築主事との関係

特定行政庁とは?1分でわかる意味、東京都、愛知県の一覧、建築主事との関係

特定行政庁とは、建築基準法2条1項三十五号に規定される用語です。簡単にいうと、市町村の長か、都道府県知事のことです。どちらになるかは、都市の人口や建築主事が置かれているかで違います。今回は、特定行政庁の意味、東京都、愛知県の一覧、特定行政庁と建築主事の関係について説明します。


※建築基準法は、下記の記事が参考になります。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係

特定行政庁とは?

特定行政庁は、建築基準法2条1項三十五号に規定されます。法文を要約すると、特定行政庁とは、


・建築主事を置く市町村の場合 ⇒ 市町村の長(例えば、市長)

・建築主事を置かない場合 ⇒ 都道府県知事


上記の通り、「市町村の長」か「都道府県知事」が、特定行政庁のことです。但し、業界内の認識としては、「長」や「知事」というより、「市」という認識が強いです。「庁」という漢字が付くからです。

特定行政庁と建築主事の関係

特定行政庁は、建築主事を置くか否かで、対象が変わりました。建築主事に関しては、建築基準法4条に規定されます。4条1項、2項を要約すると、


4条1項 ⇒ 政令で指定する人口25万人以上の市は、建築主事を「置かなければならない」

4条2項 ⇒ 市町村は、建築主事を置くことが「できる」


1項と2項の違い、理解頂けたでしょうか。1項は、「義務」です。人口が多い都市は、建築主事を置く義務があります(但し、政令で指定するもの)。


一方、2項は義務ではなく、「やりたかったら、どうぞ」という程度です。


上記に基づいて、建築主事が置かれます。その市町村の長が、特定行政庁です。

東京都の特定行政庁

東京都の特定行政庁は、下記です。


23区の他に、各市で特定行政庁が規定されます。日本で一番、特定行政庁が多い地域です。市だけでなく、「区」ごとに特定行政庁となる点がポイントです。

愛知県の特定行政庁

愛知県の特定行政庁は、下記です。


いずれも「市」が、特定行政庁です。

まとめ

今回は特定行政庁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。特定行政庁は、市町村の長か都道府県知事のことです。建築主事を置くかどうかで、扱いが変わります。特定行政庁の定義、建築主事との関係を覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 特定行政庁とは?1分でわかる意味、東京都、愛知県の一覧、建築主事との関係