建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 水理学の基礎 > ハイドログラフとは?1分でわかる意味、特徴、河川やダムとの関係

ハイドログラフとは?1分でわかる意味、特徴、河川やダムとの関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


ハイドログラフとは、時間(日数)の経過でどのように流量が変化するか表したグラフです。縦軸に流量、横軸に時間や日数をとります。河川の流量をハイドログラフで表すと、最も流量が多くなる時間帯などがわかります。よって河川ごとの洪水の性質など把握できるでしょう。


今回はハイドログラフの意味、特徴について説明します。また比流量(ひりゅうりょう)も関係用語です。下記が参考になります。

比流量とは?1分でわかる意味、計算、単位、使い方、流量との違い

流量とは?1分でわかる意味、公式、単位、流速との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

ハイドログラフとは?特徴

ハイドログラフとは、時間や日数の経過で流量がどのように変化するか表したグラフです。下図をみてください。これがハイドログラフです。


図 ハイドログラフ


縦軸に流量、横軸に時間を表しています。上図のように、流量が最も大きくなる時間帯などが把握できます。また、グラフの幅が狭いほど「短時間(短期間)」に流量が変化しているといえるでしょう。


なお日本と海外の河川を比べると、日本の河川の方が、短期的に流量が増加することが分かっています。流量の意味は下記が参考になります。

流量とは?1分でわかる意味、公式、単位、流速との関係

スポンサーリンク

ハイドログラフ、河川やダムとの関係

ハイドログラフは洪水時の流量を把握する際に役立ちます。前述したように、河川ごとにハイドログラフを描くことで、洪水時の性質がわかります(例えば、ピークの流量や変動する時間帯など)。


ダムは洪水調整としての役割があります(大雨で水をギリギリまでため込み、大雨が終わると緩やかに河川へ放出)。ダムは貯留量が決まっています。ハイドログラフを描けば、時間の経過とともに「どのくらい流量が増えたか」わかります。


このハイドログラフを元に、洪水調整のため水を流すことができるでしょう。もちろん河川が溢れないような流量を流します。

まとめ

今回はハイドログラフについて説明しました。流量の時間による変化を表したグラフです。縦軸に流量、横軸に時間や日数を表します。ハイドログラフの意味、目的、洪水との関係を理解しましょう。関係用語として比流量(ひりゅうりょう)、流量があります。下記も勉強しましょう。

比流量とは?1分でわかる意味、計算、単位、使い方、流量との違い

流量とは?1分でわかる意味、公式、単位、流速との関係

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 水理学の基礎 > ハイドログラフとは?1分でわかる意味、特徴、河川やダムとの関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事