1. HOME > 水理学の基礎 > パスカルの原理の公式は?1分でわかる公式、意味、圧力の求め方
スポンサーリンク

パスカルの原理の公式は?1分でわかる公式、意味、圧力の求め方

パスカルの原理を理解するための公式は、圧力p=P1/A1=P2/A2です。この公式の意味は、ある箇所に作用した圧力pは、液体内のあらゆる部分に増減することなく伝達する、という意味です。パスカルの原理を利用すれば、小さな力で大きな力を生み出せます。今回はパスカルの原理の公式、意味、圧力の求め方について説明します。パスカルの原理の詳細は下記をご覧ください。

パスカルの原理とは?1分でわかる意味、不思議だけど面白い小さな力で大きな力を生む実験

圧力と面積の関係は?1分でわかる圧力の意味、単位、荷重、面積との関係

パスカルの原理の公式は?

パスカルの原理を理解するための公式を下記に示します。


パスカルの原理の公式


上式のように、パスカルの原理ではある箇所に作用する圧力は、あらゆる部分で増減することなく液体内の各部に伝達します。


よって、ある部分の面積A1に作用する圧力と、別の部分A2に生じる「圧力」は等しいのです。


この原理を利用すれば、「圧力の作用する面積が大きい」ほど大きな力が作用します。小さな力で大きな力を生み出す計算は、下記をご覧ください。

パスカルの原理とは?1分でわかる意味、不思議だけど面白い小さな力で大きな力を生む実験

スポンサーリンク

パスカルの原理と圧力の求め方

パスカルの原理は、圧力に関する原理です。まずは圧力の意味を理解しましょう。下図をみてください。


圧力の単位1


圧力とは、単位面積あたりに作用する力です。よって単位は「N/uやPa」で表します。よって圧力の求め方は、「力÷面積」です。簡単ですよね。例えば物の重さが10kNで、面積が10uの圧力を計算します。


圧力=力÷面積=10÷10=1.0kN/u


です。逆に圧力と面積の値が既知の場合、力の値を逆算できます。圧力が5.0kN/u、面積が10uとします。


力=圧力×面積=5.0×10=50kN


です。圧力の求め方、単位など下記も復習しましょう。

圧力から力の計算、面積との関係は?1分でわかる計算、換算方法

圧力の単位は?1分でわかる意味、単位、パスカル、kg/cm2との関係

パスカルの原理の意味

パスカルの原理の意味は、


密閉容器の一部に圧力pが作用すると、その圧力pがそのままの値で容器の形状に関係なく、液体内のすべてに伝わる


ことです。前述した公式を読めば、何となく意味が理解頂けたと思います。「圧力が増減することなく」「液体内の全てに伝わる」点に注目してください。


パスカルの原理の詳細は下記が参考になります。

パスカルの原理とは?1分でわかる意味、不思議だけど面白い小さな力で大きな力を生む実験

まとめ

今回はパスカルの原理の公式について説明しました。公式の意味が理解頂けたと思います。パスカルの原理を聞くと難しそうですが、p=P1/A1=P2/A2という簡単な式に置き換えて考えると理解がスムーズです。下記も併せて勉強しましょう。

パスカルの原理とは?1分でわかる意味、不思議だけど面白い小さな力で大きな力を生む実験

圧力から力の計算、面積との関係は?1分でわかる計算、換算方法

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 水理学の基礎 > パスカルの原理の公式は?1分でわかる公式、意味、圧力の求め方
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事