1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 内法高とは?1分でわかる意味、読み方、内法寸法との関係、開口高さとの違い
スポンサーリンク

内法高とは?1分でわかる意味、読み方、内法寸法との関係、開口高さとの違い

内法高とは、高さ方向の内法寸法を意味します。また、和室の敷居から鴨居までの寸法をいいます。なお、内法寸法とは、部材や物の内側から内側までの寸法です。今回は内法高の意味、読み方、内法寸法との関係、開口高さとの違いについて説明します。※内法寸法の意味は、下記の記事が参考になります。

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

内法高とは?

内法高とは、高さ方向の内法寸法です。また、和室の敷居から鴨居までの距離をいいます。開口部の内法高は、人が実際に通れる高さだと考えてください。下図に内法高を示しました。

内法高

その他、構造躯体の内法高は、梁から梁までの距離を示すこともあります。

構造躯体と内法高

内法高の読み方

内法高は、「うちのりだか」と読みます。その他、関係する用語の読み方を整理しました。


内法 ⇒ うちのり

内法寸法 ⇒ うちのりすんぽう

外法 ⇒ そとのり

内法高と内法寸法の関係

内法高は、高さ方向の内法寸法のことです。開口部分の内法寸法をいいます。開口部は、人が通ったり、採光、通風の目的でつくります。実際に風が通る部分の高さが、内法高になります。※開口部の意味は、下記の記事が参考になります。

開口部とは?1分でわかる意味、定義、読み方、建築との関係


内法寸法と似た用語に、有効長さ、有効幅があります。有効長さ有効幅の意味は、下記の記事が参考になります。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

有効幅とは?1分でわかる意味、材料力学との関係、計算

内法高と開口高さの違い

内法高と開口高さの違いを下記に整理しました。


内法高 ⇒ 開口部の内側から内側までの距離。例えば、敷居から鴨居までの距離。実際に人が通れる高さの部分。または採光や通風が行える部分の高さ。

開口高さ ⇒ 建具の幅(窓枠など)を含めた高さ。内法高より大きい寸法となる。


意匠的には、内法高が大切です。実際に使える高さを示す必要があるからです。一方、構造的には開口高さが重要です。構造躯体が、どの程度欠損するか知りたいからです。


特に、鉄筋コンクリート造の耐震壁に開口を開ける場合、開口部の大きさを図面に明記します。※耐震壁の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

まとめ

今回は内法高について説明しました。意味が理解頂けたと思います。内法高は、高さ方向の内法寸法です。例えば敷居から鴨居までの距離をいいます。内法高と開口高さは意味が異なるので注意してください。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

開口部とは?1分でわかる意味、定義、読み方、建築との関係

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 内法高とは?1分でわかる意味、読み方、内法寸法との関係、開口高さとの違い