1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

有効長さは、「内法寸法」と考えてください。これで概ね、有効長さの意味として通じます。但し、構造物の溶接部分やアンカーボルトなど、有効長さの定義が違う場合もあります。今回は有効長さの意味、建築で使う有効長さの定義、溶接、梁のたわみと有効長さの関係について説明します。

有効長さとは?

有効長さとは、「内法寸法」のことです。有効長さに限らず、有効幅も内法寸法のことです。下図をみてください。建築物の部屋を描きました。

内法寸法

建築物の寸法は、基本的に柱芯間距離と壁芯間距離を明記します。※有効寸法を確保したい場合や、法令上、有効長さの確保が必要な場合は特記します。


上図で、有効長さとは赤線で示した長さです。マンションやホテルなど、部屋の平米数を明記しますが、これは壁芯間距離の値です。実際の部屋の大きさ(部屋として使える範囲)は内法寸法(有効長さ)を元に計算します。

建築で使う有効長さ

建築では、下記の寸法を有効長さといいます。


建築では、部材や物の「芯」をおさえて寸法を描きます。よって「有効」と書いてあれば、内法寸法と考えて良いです。


※溶接長の内法寸法については後述しました。

有効長さと溶接の関係

溶接の有効長さとは、


の値です。詳しくは下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

梁のたわみと有効長さ

建築基準法の告示では、梁のたわみの規定が示されています(告示第1459号)。この「有効長さ」は、

のことです。


但し、小梁は位置の変更が起きやすい部材です。大梁でも、梁の位置を「外面、柱芯、内面」のいずれかに変更することもあります。


たわみの検討でも、「部材芯」で検討する方が無難でしょう。

まとめ

今回は有効長さについて説明しました。有効長さの意味が理解頂けたと思います。基本的に、有効長さは内法寸法のことです。但し、溶接の有効長さは意味が違うので注意してください。梁のたわみを算出する際の、有効長さも考え方を覚えてくださいね。


下記の記事も併せて参考にしてください。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造