1. HOME > 構造計算の基礎 > 内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

内法(うちのり)とは、内側から内側までの寸法(距離)をいいます。例えば、大梁の長さの「内法寸法」といえば、柱の幅を控除した値です。逆に、外側から外側までの寸法を、外法といいます。内法と外法は、建築でもよく使います。今回は、内法の意味、読み方、内法面積、窓との関係、壁芯との関係について説明します。※内法と似た用語に、有効寸法があります。下記の記事が参考になります。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

内法とは?

内法とは、内側から内側までの寸法です。下図をみてください。大梁の内法寸法とは、スパンから柱幅を控除した値です。

内法寸法

内法寸法は、部材などの実長(実際の長さ)です。必ず、計算できるよう、意味を覚えてください。

内法の読み方

内法は「うちのり」と読みます。その他、関係する用語の読み方を下記に整理しました。


・内法 ⇒ うちのり

・内法寸法 ⇒ うちのりすんぽう

・内法面積 ⇒ うちのりめんせき

内法寸法と内法面積の関係

内法寸法同士をかけた値を内法面積といいます。下図をみてください。壁で囲まれている内側の面積です。

内法面積

上図を元に内法面積を計算します。壁芯距離は5m角です。壁厚は180です。よって、内法寸法は、

です。よって内法面積は

です。

内法寸法と窓(建具)の関係

窓や出入口などの建具は、外法寸法と内法寸法が書いてあります。窓は、開閉して空気を取り入れる開口部分以外に、「窓枠」があります。外法寸法は、建具の枠外側から外側までの寸法です。内法寸法は、外法寸法から、両側の枠厚みを控除した値です。下図に窓の外法寸法と内法寸法の関係を示しました。

内法寸法と外法寸法

内法と壁芯との関係

建築物の面積は、壁芯間距離で求めます。※壁芯は下記の記事が参考になります。

壁芯、柱芯、通り芯とは何か?


壁芯間距離と内法寸法の関係は下記です。

壁芯間距離から、壁厚をひけば内法寸法ですね。


また、マンションの部屋の大きさは、全て壁芯間距離を元に計算しています。ただ、この面積は「実際に使える面積」とは違います。実際に使える面積は、内法面積です。

まとめ

今回は内法について説明しました。意味が理解頂けたと思います。内法とは、内側から内側までの寸法です。内法寸法といいます。内法の考え方、外法との違い、内法面積の計算法を覚えてくださいね。また、似た用語で「有効寸法」があります。下記の記事も、併せて参考にしてくださいね。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係