1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

耐震壁という言葉は、一度でも聞いたことがあると思います。似た用語で耐力壁という言葉もあります。


では耐震壁はどんな意味、特徴、役割があるのか。耐震壁と耐力壁はどのような違いがあるのか。今回は耐震壁について説明します。


耐震壁ってなに?

難しく考える必要はありません。耐震壁の意味は1つだけ。耐震壁は、

です。これを聞くと、建築の専門家出ない人は不思議に思うかもしれません。「え?建物の壁って全部が地震に耐えるよう造られているんじゃないの?」と。違います。例えばマンションを例にしましょう。部屋の中にはいくつもの壁があります。


リビングと書斎、寝室を遮る壁。これらは耐震壁ではなく、「雑壁又は間仕切壁」といいます。雑壁は、耐震壁にはならない(つまり地震力を負担できない)壁です。雑壁には下記の種類があります。

このように、耐震壁にならない雑壁は、梁や柱の一部分に取りついている壁です。前述した雑壁は、開口の脇に設ける壁であり、地震に耐えられません。


下図を見てください。これはマンション南側面の模式図です。マンションの南面は日当たりを良くするために、大きく窓が開いています。

壁に窓が空いた、残りが鉄筋コンクリート造の壁です。赤字で明記しているように、これらをまとめて雑壁といいます。何となく地震力を負担できなさそう、と思いますよね。


また間仕切壁も耐震壁にはなりません。間仕切壁は、部屋と部屋とを区切るための壁です。日本でも間仕切壁として、「障子」が使われましたが、それと同じです。間仕切壁に強度は一切なく、斧やハンマーで叩いてしまえば、壊れてしまうほど脆い壁です。


また木造住宅の場合でも、部屋や外壁の全てが耐震壁とは限りません。木造の場合、耐震壁と雑壁、間仕切壁の違いが分かりにくいですが、耐震壁として地震力を負担する壁は一部でしょう。


耐震壁の特徴と役割

次に耐震壁の特徴と、役割を説明します。まず耐震壁の役割は、「地震力を負担すること」です。前述したように、地震力を負担するためには壁に大きな開口が空いてはダメです。無開口であるか、小さな開口が空いている場合に限り、耐震壁と認められます。


下図を見てください。

耐震壁は、上図のように開口が無い壁のことです。あるいは小さな開口が空いている壁です。開口の大きさには規定があり、壁に対して開講の大きさが4割を超えると耐震壁になりません。


以上のように、耐震壁の特徴を纏めると下記のとおりです。

上記2点が、耐震壁の大きな特徴です。

スポンサーリンク
 

耐震壁の見分け方

では耐震壁は、どう見分けるのでしょうか。まず、前述したように窓やドアの開口が大きく空いている壁は耐震壁ではありません。マンションでいえば、自分の部屋と隣の部屋とを仕切っている壁。これは耐震壁である可能性が高いです。なぜなら、開口が一切ないからです。


また手でコンコンと叩いた感触が、あまり響かず石を叩いたような音が跳ね返ってきたら鉄筋コンクリート造の壁です。つまり間仕切壁ではなく、鉄筋コンクリート造の強度がある壁なのです。


前述したように、木造住宅の耐震壁を見分けるのは難しいですが、図面があれば簡単にわかります。設計図では、耐震壁と、その他の壁を記号で明確に分ける場合が多いからです。耐震壁の場合、下記の記号を用います。

EWとは「Earth quake Wall」を略した記号で、耐震壁を意味します。〇の中には壁厚を表すことが多いです。厚さ150ならW15という書き方ですね。その他の壁は単に、

とします。もちろん、このような記載方法だけとは限りませんが、耐震壁とその他の壁は明確に分けています。


耐震壁と耐力壁の違い

最後に耐震壁と耐力壁の違いを説明します。インターネットの情報では、耐震壁は耐力壁の一種である、という説明が散見されます。しかし、これは誤りです。結論ですが、

です。どちらも同じ言葉として使います。


まず、建築基準法上、「耐震壁」という言葉は使われていません。木造でも、鉄筋コンクリート造でも「耐力壁」と明記されています。建築基準法上、耐力壁という言葉の定義は特に無くて、配筋や壁厚などが示されているのみです。木造も同様で、耐力壁の仕様(釘、格子壁、土壁、ブレース、壁倍率など)が示されています。


ただし、具体的な定義はありませんが、耐力壁の仕様や耐力壁の耐力の計算式を読めば、耐力壁とは「地震力を負担する壁」であることは明らかです。これは「壁量計算」に関連した話ですが、また別の機会に説明します。


では耐震壁という言葉は何なのか。私が調べる限り、耐震壁という言葉は建築基準法に一切でてきません。その代り、「鉄筋コンクリート構造 計算基準・同解説」では「耐力壁」という言葉が排されて、「耐震壁」に統一されて使われています。


同本では、耐震壁のことを「地震力を負担する壁」として評価し、耐力の計算式や壁量の計算式が提示されています。


以上のように、耐震壁と耐力壁で意味は全く同じことなのです。少なくとも、建築業界では混同して使っている人がほとんどですし、間違いではありません。ネット上の説明では、「耐力壁は耐震壁および構造的に寄与している全ての壁」という説明が散見されます。


しかし、「構造的に寄与する〜」とはどういう意味か、いまいちハッキリしません。例えば、前述した雑壁も、それ自体は地震力を負担しませんが、柱を固くする効果があり、構造計算ではしっかり考慮します。よって構造的に寄与します。では、「雑壁=耐力壁か」といわれると疑問が残ります。雑壁はあくまでも雑壁であって、耐力壁とは線引きをすべきかと思います。


その点から、建築基準法は曖昧な表現だと言えますが、鉄筋コンクリート構造計算基準では、「耐震壁」「非構造壁」「雑壁」というように、明確な用語の分類がされており、言葉として理解しやすいでしょう。


少し長くなりましたが、「耐力壁=耐震壁」なんだなぁと覚えてください。さらに前述した理由より、個人的には「耐震壁」の方が明確な意味のように感じます。


まとめ

今回は、耐震壁について説明しました。耐震壁は、地震力を負担する壁であること、耐震壁と耐力壁の違いが分かって頂けたと思います。


以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い