1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 沖積層とは?1分でわかる意味、読み方、問題点、洪積層との違い、液状化との関係

沖積層とは?1分でわかる意味、読み方、問題点、洪積層との違い、液状化との関係

沖積層とは、新しい時期に堆積した地層です。沖積層は、軟弱地盤であることが多いです。似た用語に洪積層があります。洪積層は、比較的古くから堆積する地層で支持力も大きいです。今回は沖積層の意味、読み方、問題点、洪積層との違い、液状化との関係について説明します。


地盤については、下記の記事も参考にしてください。

支持層とは?1分でわかる意味、定義、深さ、厚さ、n値との関係

第1種地盤とは?1分でわかる意味、第3種地盤との違い、特徴、tcの計算法

沖積層とは?

沖積層とは、新しい時期に堆積した地層です。沖積層は軟弱地盤であることが多いです。地盤の強さは、堆積した時期で決まります。堆積した時期が古いほど、良い地盤です。良い地盤とは、強度の高い地盤と考えてください。堆積した時期が新しい地層は、強度が低い場合が多いです。


私たちが見ている地面は、最近堆積した地層です。地面を掘り進めると、より古い地層が見つかります。


沖積層とは、下記の時期に堆積した地層です。


・最後の氷河期(1万年前)〜現在に堆積した地層


日本では、表層地盤(地面から1〜2m位置の地盤)など沖積層であることが多いです。なお、沖積層の下には洪積層があります。洪積層は比較的古くから堆積する地層で、良好な地盤です。


なお、洪積層より古くから堆積する地層を、第三紀層といいます。岩盤のようにとても強固な地盤です。

沖積層の読み方

沖積層、洪積層の読み方は下記です。


沖積層 ちゅうせきそう

洪積層 こうせきそう

第三紀層 だいさんきそう

沖積層の問題点

沖積層の問題点は下記です。


・一般的に軟弱であることが多く、支持力が小さい

・液状化しやすい場合が多い

沖積層と洪積層の違い

沖積層と洪積層の違いを下記に整理しました。


沖積層 ⇒ 最後の氷河期(1万年前)から現在までに堆積した地層。軟弱地盤であることが多い

洪積層 ⇒ 200万年前から1万年前までに堆積した地層。硬く良好な地盤

沖積層と液状化の関係

沖積層は比較的新しい地層です。軟らかく緩い地盤なので、液状化を起こしやすい場合があります。ただし、液状化が生じるかどうかは、別途液状化の検討が必要です。液状化が生じやすい地盤の特徴は、下記の記事が参考になります。

ダイレイタンシーの基礎知識と液状化の関係

まとめ

今回は沖積層について説明しました。意味が理解頂けたと思います。沖積層は、比較的新しい年代に堆積した地層です。軟弱な地盤であることが多いです。一方、200万年前から1万年前に堆積した地盤を洪積層といいます。両者の違いを覚えましょう。下記の記事も参考にしてください。

地盤とは?1分でわかる意味、地盤調査、地盤沈下、n値、軟弱地盤

第1種地盤とは?1分でわかる意味、第3種地盤との違い、特徴、tcの計算法

ダイレイタンシーの基礎知識と液状化の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 沖積層とは?1分でわかる意味、読み方、問題点、洪積層との違い、液状化との関係