1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 地盤種別とは?1分でわかる意味、判定方法、建築基準法、tcとの関係

地盤種別とは?1分でわかる意味、判定方法、建築基準法、tcとの関係

地盤種別とは、硬さを表します。第一種地盤から第三種地盤まであり、三種地盤は軟弱地盤で一種地盤は良質な地盤です。地盤種別は振動特性係数の値に関係し、地震力の大きさが変わります。今回は地盤種別の意味、判定方法、建築基準法、tcとの関係について説明します。※第一種地盤、三種地盤については下記の記事が参考になります。

第1種地盤とは?1分でわかる意味、第3種地盤との違い、特徴、tcの計算法


地震力の算定方法は下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

地盤種別とは?

地盤種別は、地盤の硬さを表す用語です。第一種〜第三種地盤まであります。各地盤の硬さは下記です。


・第一種地盤 ⇒ 硬い地盤

・第二種地盤 ⇒ 普通の地盤

・第三種地盤 ⇒ 軟らかい地盤(軟弱地盤)


第一種地盤、第三種地盤の特徴は下記の記事が参考になります。

第1種地盤とは?1分でわかる意味、第3種地盤との違い、特徴、tcの計算法

地盤種別の判定方法

地盤種別は下記の地盤です(下記の地質条件により判定します)。


・第一種地盤 ⇒岩盤、硬質砂れき層その他主として第3紀以前の地層によって構成されるもの

・第二種地盤 ⇒第一種地盤、第三種地盤以外のもの

・第三種地盤 ⇒腐植土、泥土などで大部分が構成される沖積土で、深さが30m以上のものなど


上記の詳細は、告示1793号に明記があります(告示では、建築基準法施行令第88条に関する具体的な内容を示しています)。


また、上記の判定の他、下記に留意します。


・支持層の地盤の層厚は最低3m、5m〜10mが望ましい。

・第三種地盤の「大部分」とは、深さ30m間の一部に腐植土、泥土以外の地層が混じっている場合も含む。


地盤は、普通、色々な地層が混じっています。例えば、一種地盤の下に二種地盤、その下に三種地盤という状況です。多層地盤のとき、地盤種別をどう判断するのか、下記の書籍が参考になります。

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉

地盤種別とtcの関係

地盤種別とTcの関係を下記に示します。※Tcは、地盤の固有周期です。


・第一種地盤 ⇒ 0.4

・第二種地盤 ⇒ 0.6

・第三種地盤 ⇒ 0.8


Tcの値と、建物の固有周期により振動特性係数の値が決定します。振動特性係数は下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

まとめ

今回は地盤種別について説明しました。意味が理解頂けたと思います。地盤種別は、地盤の硬さを意味します。地盤種別に応じてTcの値が変わります。Tcは振動特性係数の値に影響するので、地震力が変わります。地震力の算定で注意したいですね。※地震力については下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 地盤種別とは?1分でわかる意味、判定方法、建築基準法、tcとの関係