1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 独立基礎の設計概要

独立基礎の設計概要

「基礎の種類」で基礎形式は大まかに分けて2つあるということを紹介しました。

ただし、直接基礎の形式でも3つに分けられます。

@独立基礎

A布基礎

Bべた基礎

です。下の図で締めたような基礎形式を「独立基礎」と呼びます。一般的に独立基礎は基礎梁繋ぐことが一般的です。なぜなら、ラーメン構造の場合を考えますと、長期、地震時において曲げモーメントが柱脚に生じます。


力が伝達されるということは、必ず部材から部材へと力は釣り合います。つまり、基礎梁を繋いでおけば、柱脚の曲げモーメントは基礎梁へ伝達されますから、独立基礎の設計としては鉛直方向の力に対して「地耐力」の検討をすればよいだけになります。


ここで、面倒なのは「独立基礎で基礎梁を繋がない場合」です。例えば柱脚が完全ピンの構造であれば柱脚に曲げが伝わらないので良いかもしれませんが(露出柱脚の検討としては完全ピンのモデル化をしても、柱頭の2〜3割を設計用の曲げモーメントとして検討を行う必要があります。)、そうすると上部構造の変形が大きくなりますし、鉄骨柱や梁が大きくなって不経済です。

スポンサーリンク
 

また完全ピンであっても、下図のように、地震時は柱に作用するせん断力が柱脚に作用するため、柱脚下端から基礎底までの距離分、曲げモーメントが作用します。基礎梁が繋がっていればその曲げも基礎梁で伝達すればいいわけですが、繋がっていないとやっかいです。

以上のような場合ですと、フーチングの転倒の検討が必要になります。図のような方向に力をかけると想像してください。基礎梁は繋がっていませんので、あとはフーチングの重さが曲げモーメントに抵抗できるかどうかという検討が必要です。


また、ラーメン構造でなくブレース構造の場合も同様に、地震時はブレースに軸力が作用しますが、その斜め方向の軸力を鉛直・水平成分に分解したときの、水平成分の力Pが基礎底までの曲げモーメントとして作用するので、どうするか?という話しになります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 独立基礎の設計概要