建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎とは?

基礎とは?

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


基礎の設計というのは、建物を支える根幹を成すという意味で最も重要な構造体といえます。しかし、学生時代は中々注目もされず(地味だからでしょうか)知識が無いままになることが多いと言えます。


ここでは、そんな基礎の設計について簡単な例題を元に進めていきましょう。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

N値とは?

建築学生ならN値という言葉は少なからず耳にしたことがあるでしょう。N値とは、地盤の固さや強さを表す指標です。N値は60を上限に高いほど、『良い地盤』であるということがいえます。N値が60を超えるものは岩盤であり、かなり長い年月を経て地面を構成したものです。一方、軟弱地盤と呼ばれるN値が1程度の地盤は、比較的、最近の地質となります。


まず、建築工事を行う前は、建設予定地にボーリング調査を行い地盤のN値を調べる事から始まります。N値が小さければ杭を用いた基礎構造とする必要が出てきますし、N値が高ければ直接基礎でよいという見解が得られるでしょう。

支持層とは?

支持層とは、建物を支持する地盤のことを言います。上部の重量をしっかりと地盤に伝達させるためには、その建物規模に見合った支持層まで力を伝達させる必要があります。

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎とは?
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事