1. HOME > 構造計算の基礎 > 1gの重力とは?1分でわかる1gの重力加速度、単位、2gの重力
スポンサーリンク

1gの重力とは?1分でわかる1gの重力加速度、単位、2gの重力

1g(いちじー)とは、重力加速度9.8m/s2のことです。地球上の物体に作用する重力加速度と考えてください。今回は1gの重力の意味、重力加速度の値、単位、2gの重力について説明します。


ニュートンとkgfの関係、質量と重量の違いなどを勉強すると、よりスムーズに理解できます。下記が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力

1gの重力とは?重力加速度と単位の関係

1gは重力の単位です。gravityの頭文字をとっています。


1gは重力加速度の単位なので、「力」とは違います。力の単位はニュートンまたはkg・m/s2です。なお、質量1kgの物体に1gが作用するときの力は、下記です。


1kg×1G(9.8m/s2)=9.8 kg・m/s2=9.8N


です。ニュートン(N)は力や重さの単位です。ニュートンの意味は、下記が参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係


また重力は、加速度の単位で表すことも可能で、重力加速度といいます。重力加速度は、9.8m/s2です。よって、1gと加速度の関係を式で表すと、


1g=9.8m/s2


です。


なお1gは、「いちじー」と読みます。物体には質量があります。その質量を実感できるのは、重力加速度があるからです。よって、地球上にある全ての物体には1gが作用しています。質量と重量の違いは、下記が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力


では、9.8m/s2の加速度は、「どのようなスピード感」なのかイメージ付きますでしょうか。下図をみてください。これが、1g(9.8m/s2)程度のはやさです。

1gと9.8m/s2

余談ですが、重力加速度はgalという単位も使います。Gal(がる)はガリレオガリレイにちなんでつけられた単位です。1galは0.01m/s2です。1g、m/s2、galの関係を下記に整理しました。


1g=9.8m/s2=980gal


建築ではgalを使うこともあります。建築物に作用する地震の加速度は、


200〜1000gal


程度です。

1gと2gの重力

1gと2gの重力加速度を下記に示します。


1g=9.8 m/s2

2g=19.6 m/s2


1gと2gの重力加速度が作用するとき、物体1kgの質量に生じる力は下記です。


1g×1kg=9.8×1kg =9.8 kg m/s2

2g×1kg=19.6×1kg=19.6 kg m/s2

まとめ

今回は1gと重力の関係、単位と重力加速度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。1gの意味、重力加速度、ニュートンの関係を覚えてくださいね。下記の記事も参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 1gの重力とは?1分でわかる1gの重力加速度、単位、2gの重力