建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


質量と重量を混同する方が多いですが、実は違う意味です。質量は、物のもつ量そのもので、重量は質量に重力加速度(重力)をかけた値です。実生活で、両者の違いを意識しませんが、構造計算では大切です。今回は質量、重量の意味、違い、換算法、重力との関係、体重計は質量、重量のどちらであるか説明します。なお、建築では「荷重」という用語も使います。荷重と重量の違いは下記が参考になります。

荷重と重量の違いは?1分でわかる違い、質量、重力加速度の関係


質量の求め方、質量と密度の関係は下記をご覧ください。

質量の求め方は?1分でわかる公式と求め方、体積、密度との関係、求め方

質量と密度の関係は?1分でわかる意味、求め方、体積との違い、単位との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

質量、重量とは?

質量とは、物のもつ量の大きさそのものです。重量は、質量に重力加速度(重力)を考慮した値です。例えば、あなたの体重が60kgとします。体重計にのれば、当然「60kg」の数字が表示されるでしょう。


しかし、無重力で体重計に乗っても、体重計には「0kg」と表示されるでしょう(または計測されない)。


なぜでしょうか。あなたの体重が0kgになったわけで無いです。無重力場なので、重力がなくなったのです。


上記のように、重力に影響されない、物の量の大きさそのものを「質量」といいます。重量は、重力の大きさに影響します。


重力加速度の意味は下記が参考になります。

1gの重力とは?1分でわかる1gの重力加速度、単位、2gの重力

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

質量と重量の違い

質量と重量の違いを下記に整理しました。


・質量 ⇒ 物のもつ量の大きさそのもの

・重量 ⇒ 質量に重力加速度(重力)をかけた値


重量は、重力の大きさに影響します。地球の重力で測った、体重計による体重と、月で測った体重は違うのです。


重力加速度の意味は下記をご覧ください。

1gの重力とは?1分でわかる1gの重力加速度、単位、2gの重力

質量、重量の単位

質量と重量の単位を下記に整理しました。


質量の単位は、単にkgです。ただ、重量の単位はkgf、kg重、Nと書きます。kgf(kg重)を工学単位系といいます。実は、工学単位系は単位として一般的は無く、SI単位系を使います。※SI単位系については下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


ただ、体重を「N(にゅーとん)」で表しても分かりにくいです(体重が600Nといわれてもピンときませんね)。よって、体重計の単位は「kg重」のままです。さらに、kg重では一般の方が理解できないので、単に「kg」と書いてあります。

質量から重量への換算法

質量から重量への換算は、下記です。


kg ⇒ kgf(kg重)


kgをkgfやkg重に換算するとき、同じ値を使います。覚えやすいですが、質量と重量を混同する原因にもなります。単位変換は下記の記事が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

kg ⇒ N

kgからSI単位系のNへの換算は、質量を約10倍(9.8倍)した値です。単位のNをSI単位系といいます。詳細は下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

1キロは何ニュートン?1分でわかる値、換算、1g、10kgは何ニュートン?

体重計は質量、重量のどっち?

体重計の値は、「重量」です。質量は重力に影響されない値です。しかし、無重力場で体重を測ると、0kgで表示されます。また月で体重を測ると、地球で測る体重の1/6の値です。


体重が減ったからといって、自分のもつ量の大きさが減ったわけで無いですね。よって、体重計の値は「重量」です。


さて、地球の重力は、9.8m/s2です。また、地球だけでなく、月、土星、木星にも重力はあります。重力の値は、惑星ごとに違います。下記に、惑星の重力を整理しました。


地球 9.81m/s2

月  1.63m/s2

土星 10.44m/s2

木星 24.79m/s2


地球と土星で測る体重は、ほとんど同じです。月で体重を測ると、地球の1/6程度です。土星で測ると2倍以上の体重として表示されます。

まとめ

今回は質量と重量について説明しました。意味が理解頂けたと思います。質量と重量の違いは混同しやすいです。実生活では問題ないですが、物理学や工学を勉強するときは違いを理解したいですね。また、質量から重量へ換算するとき、SI単位系の単位を使いましょう。下記も参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

質量の求め方は?1分でわかる公式と求め方、体積、密度との関係、求め方

質量と密度の関係は?1分でわかる意味、求め方、体積との違い、単位との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事