1. HOME > 構造計算の基礎 > 平方メートルとは?1分でわかる意味、平米との違い、計算法、畳との関係

平方メートルとは?1分でわかる意味、平米との違い、計算法、畳との関係

平方メートルは、建築では「面積」を意味します。単位は「u」です。平米(へいべい)ともいいます。今回は平方メートルの意味、平米との違い、計算法、畳との違いについて説明します。今回の記事は、SI単位系の意味を理解するとスムーズに読めます。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

平方メートルとは?

平方メートルは、建築では「面積」を意味します。下図をみてください。5m×10mの四角形があります。この面積は、50平方メートルです。

平方メートルと四角形の面積

ただし、建築では平方メートルという言い方はしません。「平米(へいべい)」といいます。平方メートルよりも平米の方が良いやすいですね。

平方メートルと平米の違い

平方メートルと平米は同じ意味です。但し、建築業界では、「平米」と言う方が多いです。また、平方メートルの単位は下記です。

平方メートルの計算法

平方メートルの計算は、面積の計算と同じです。例題として、下図の平面の平方メートルを求めてください。

平面図と平方メートル

短辺が6.2m、長辺が15mです。よって、

です。建築物は、ほとんどが長方形ですが、円形、三角形の面積の求め方は、最低限覚えてください。

平方メートルと畳の関係

平方メートルと畳の関係を下記に整理しました。


京間は柱芯間距離を6.5尺にしますが、江戸間は柱の「柱の内法〜柱芯間の距離」を6.0尺とします。当然、柱芯と柱内法の距離分、京間が大きくなります。

まとめ

今回は平方メートルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。平方メートルは物の面積のことです。建築では、平米と言うことが多いです。平方メートルの計算法、畳(じょう)との関係を覚えてください。また、SI単位系を理解してくださいね。※SI単位系は下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 平方メートルとは?1分でわかる意味、平米との違い、計算法、畳との関係