1. HOME > 構造計算の基礎 > 直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

直径の記号は、φやdを使います。建築では、φとd(D)の両方を使います。例えば、設備配管の径、鋼管の径はφで書きます。一方、鉄筋の径は、D13のように「D」を付けます。また、計算では円形の直径を表す記号として、「d」を使います。今回は、直径の記号の意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号について説明します。※φの意味は、下記の記事が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

直径の記号は?

建築で使う直径の記号は、下記があります。


・φ

・d

・D


全て円形の物の直径を表す記号です。ただし、建築の実務では、各記号を使い分けます(使い分けは後述しました)。


φを使った直径の表現方法には、下記があります。


上記は、両方とも直径が100mmを意味します。なお建築では、単位が省略されている場合、「mm」を表します。φの詳細は、下記の記事が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


「d」は、図面の記号では使いません。その代り、計算で使います。

と書きます。


「D」は、D22やD19のように、数字の前につけます。D22で、22の外径の異形鉄筋を意味します。異形鉄筋の詳細は、下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

直径の記号の読み方

直径の記号の読み方を下記に整理しました。


φ ⇒ ふぁい

d ⇒ でぃー、でー

半径の記号と読み方

半径の記号と読み方は下記です。


r ⇒ あーる


r50または、r=50

で、半径が50mmを意味します。

直径の記号の使い方

建築で使う直径の記号は、3つありました。各記号の使い方を下記に整理しました。


・φ ⇒ 直径を意味する。図面の記号で使う。配管、鋼管、丸鋼の直径記号として使う。

・d ⇒ 直径を意味する。計算記号として使う。

・D ⇒ 直径を意味する。図面、計算記号として使う。異形鉄筋の記号として使う。


Dは異形鉄筋のサイズを表します。異形鉄筋の意味は、下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

まとめ

今回は直径の記号について説明しました。意味が理解頂けたと思います。直径の記号には、φやd、Dがあります。建築では、各記号を使い分けています。φは鋼管の径や配管の径です。dは円形の直径、Dは異形鉄筋径でしたね。各記号の使い方、読み方を覚えましょう。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号