1. HOME > 構造計算の基礎 > rと直径の関係は?1分でわかるrの意味、半径、φ、直径の記号、単位
スポンサーリンク

rと直径の関係は?1分でわかるrの意味、半径、φ、直径の記号、単位

rと直径は、直接関係しません。rは半径の記号です。直径の記号は、Dまたはφ(ふぁい)などで表します。rは英語の「radius」の頭文字をとった記号です。今回は、rと直径の関係、意味、半径、φ、直径の記号、単にについて説明します。rと半径の関係、直径、φの意味は、下記が参考になります。

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

rと直径の関係は?

rと直径は、直接関係しません。rは半径の記号です。直径の記号はDまたはφで表します。φの意味は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


rは、英語のradiusの頭文字をとった記号です。またDは、英語のdiameterの頭文字をとっています。


r 半径を表す記号

D 直径を表す記号


です。直径を表すとき「r」を使うと混乱します。逆に、Dを半径の記号と勘違いしないでください。直径、半径の意味は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

rの意味、半径の関係

rは、英語のradiusで半径を意味します。これは必ず覚えてください。rと半径の関係は、下記が参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

rとφ、直径の記号

φは、直径を意味する記号です。直径は、Dで表すことも多いです。また、φは円の外形の直径を表します。rと全く違う意味ですね。φの意味、使い方は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

rの単位

r(半径)の単位は、


mm

cm

m


を使います。建築では、主に、部材やスリーブなどの大きさを表します。よって、mmを使うことが多いですが、cmやmを使っても問題ないです。なお、建築で扱う単位は、「mm」が基本です。建築で使う単位は、下記が参考になります。

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

まとめ

今回はrと直径の関係について説明しました。理解頂けたと思います。rと直径は、直接関係しません。元々、rは英語のradiusの頭文字をとった記号だからです。教科書を読むと、説明なく半径の記号としてrを使うことがあります。是非覚えてくださいね。また、直径の記号としてDやφがあります。下記の記事も併せて勉強しましょう。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方、直径、d、φ

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > rと直径の関係は?1分でわかるrの意味、半径、φ、直径の記号、単位