1. HOME > 構造力学の基礎 > 異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれの特徴

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれの特徴

異形鉄筋と丸鋼の違いをご存じでしょうか。同じ形だとしても、異形鉄筋と丸鋼では性質が全く違います。


今回は、異形鉄筋と丸鋼の違い、規格の説明を行います。


異形鉄筋と丸鋼の化学成分、機械的性質

異形鉄筋と丸鋼の化学成分、機械的性質は、下記の通りです。丸鋼は、SR235という材質を使います。丸鋼に関しては、この1つのみです。異形鉄筋はSD295A、SD345など比較的沢山の材質があります。


機械的性質


化学成分

スポンサーリンク

異形鉄筋ってなに?

異形鉄筋とは、丸鋼にリブと節が付いた棒鋼です。下図をみてください。これは異形鉄筋の断面図と側面図です。

なぜ異形鉄筋にはリブが付いているのか、それはコンクリートへの付着力、定着力を高めるためです。詳細は、下記の記事が参考になります。


異形鉄筋のサイズ

丸鋼ってなに?

丸鋼とは、単純に丸い鋼材のことです。以前までは、鉄筋コンクリートに使う鉄筋は丸鋼でした。しかし、付着力に乏しいため異形鉄筋が開発されたのです。現在は、鉄筋として丸鋼が使われることはありません。特殊なケースや、仕上げ材に限って丸鋼が使用されるでしょう。


但し、丸鋼は使用不可ではありません。異形鉄筋と比べると、性能が劣るため敢えて使うことが無いのです。


異形鉄筋と丸鋼の見分け方

異形鉄筋と丸鋼の見分け方は、見た目です。前述したように、異形鉄筋はリブや節が付いています。丸鋼は、これらの突起が付いていません。

 

異形鉄筋の鋼種マーク、ロールマーク、サイズ表示ってなに?

異形鉄筋は材質を見分けるため、鋼種マーク、ロールマーク、サイズ表示がされます。下図が異形鉄筋のロールマークなど表示例です。


ロールマークは、製造会社名などが明記されます。鋼種(鉄筋の材質)は、基本的に「突起の数」で判断します。


なお、丸鋼(SR235)は、ロールマーク自体がありません。さらに、異形鉄筋にはサイズ表示もあります。これは単純に、呼び径の数字が鉄筋に印字されるものです。


まとめ

今回は、異形鉄筋と丸鋼の違いについて説明しました。違いは、見た目で簡単に判断できます。後は、異形鉄筋の特徴について理解しましょう。下記の記事が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれの特徴