1. HOME > 構造計算の基礎 > 半径の記号は?1分でわかる意味、使い方、読み方、r、φ、dとの関係
スポンサーリンク

半径の記号は?1分でわかる意味、使い方、読み方、r、φ、dとの関係

半径の記号は「r(あーる)」です。半径は円の中心から端部までの距離です。半径を2倍すると直径になります。直径の記号はD(d)です。φを使うこともあります。今回は、半径の記号、意味、使い方、読み方、r、φ、dとの関係について説明します。半径、直径の意味と記号、φの意味は下記が参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

半径の記号は?

半径の記号は「r(あーる)」です。下図をみてください。半径の記号rを示しました。

半径の記号


半径の意味は、記号rとの関係は下記が参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方


また、使う頻度は少ないですが、半径の記号をd(すもーるでぃー)で表すこともあります。D(らーじでぃー)で書くときは、円の直径を意味します。混同しやすいので、半径の記号はrで書くと良いでしょう。直径の記号と意味は、下記が参考になります。

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

半径の記号と使い方

半径の記号rは、直径、円周、円の面積を表すときなどに使います。下記に、半径の記号と公式を示します。


直径D=2r

円周L=2πr

円の面積A=πr^2

半径の記号と読み方

半径の記号rは、


あーる


と読みます。半径の意味、rとの関係は下記が参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方

半径の記号、r、φ、dとの関係

半径の記号はr(あーる)です。その他、円の長さを表す記号として、φ、dがあります。φは、円の直径(外径)を表す記号です。Dは直径を表しますが、d(すもーるでぃー)は、半径を意味することもあります。


φ、直径の意味は、下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

円の直径、円周とは?1分でわかる意味、円周や断面積から半径、直径

まとめ

今回は半径の記号について説明しました。記号の意味、読み方、使い方など理解頂けたと思います。半径の記号rは、特にことわりなく構造力学の教科書や資料に使われます。記号の意味、使い方をあらかじめ覚えてくださいね。下記も参考になります。

半径とrの関係は?1分でわかる単位の意味、記号、求め方

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

円の直径、円周とは?1分でわかる意味、円周や断面積から半径、直径


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 >半径の記号は?1分でわかる意味、使い方、読み方、r、φ、dとの関係