1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 大規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、中規模建築物との違い

大規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、中規模建築物との違い

大規模建築物とは、建築基準法6条1項二号に規定される建築物です。三号、四号の建築物に比べて、規模の大きな建築物のことです。今回は大規模建築物の意味、定義、中規模建築物との違いについて説明します。小規模建築物、中規模建築物の意味は、下記の記事が参考になります。

中規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、建築基準法との関係

小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係

大規模建築物とは?

大規模建築物とは、建築基準法6条1項二号に規定される建築物です。高さが60m以下の建築物で、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、混構造などに応じて、建物の高さ、階数が規定されます。


建築物の面積規模よりも、高さによって判断されます。例えば、面積は小さな建築物でも4階建て以上なら、大規模建築物に該当します。


なお、60mを超える建築物は、超高層建築物といいます。超高層建築物の意味は、下記の記事が参考になります。

超高層建築物とは?1分でわかる定義、構造、大臣認定、建築基準法


大規模建築物より小さな建築物を、中規模建築物といいます。さらに小さな建築物は、小規模建築物です。詳細は、下記の記事が参考になります。

小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係

中規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、建築基準法との関係


なお、大規模建築物の構造計算の方法は、法20条に定義されます。法20条では、法6条の分類に応じた計算方法が規定されます。法20条は下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート

大規模建築物の定義

大規模建築物は、法6条1項二号に規定されます。大規模建築物の定義を下記に整理ました。なお、全ての構造種別において、高さが60m以下であることが前提です。

木造

下記のいずれかを満たす場合、大規模建築物に該当します。


建物高さが13mを超える場合

軒高が9mを超える場合

鉄骨造

下記のいずれかを満たす場合、大規模建築物に該当します。


地階を除く階数が4階以上の場合

建物高さが13mを超える場合

軒高が9mを超える場合

鉄筋コンクリート造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

建物高さが20mを超える場合、大規模建築物に該当します。

組積造、補強コンクリートブロック造

地階を除く階数が4階以上の場合、大規模建築物に該当します。

大規模建築物と中規模建築物との違い

大規模建築物は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など建物種別ごとに、規模が細かく定義されます。一方、中規模建築物は「木造」と「木造以外」で、規模が規定されます。


また、大規模建築物は、建物の高さなどを規定しますが、中規模建築物では、階数、延べ面積、高さなどが規定されます。中規模建築物の意味、定義は下記の記事が参考になります。

中規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、建築基準法との関係

まとめ

今回は大規模建築物について説明しました。意味が理解頂けたと思います。大規模建築物は、法6条1項二号に定義される建築物です。面積の広い建築物ではなく、階数の高い建築物だと覚えてくださいね。また、中規模建築物との違いも理解しましょう。中規模建築物、小規模建築物の意味、定義は下記の記事が参考になります。

中規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、建築基準法との関係

小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3