1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係

小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係

小規模建築物とは、建築基準法6条1項四号に規定される建築物のことです。似た用語に、四号建築物があります。小規模建築物は、構造計算が不要です(構造計算してもよい)。今回は、小規模建築物の意味、定義、基礎の設計、建築基準法との関係について説明します。なお、法6条の分類に応じて、構造計算の方法が変わります。これは法20条に定義されます。法20条の意味、四号建築物の意味は、下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート

4号建築物とは?1分でわかる意味、構造計算、大規模修繕との関係

小規模建築物とは?

小規模建築物とは、法6条1項四号に定義される建築物です。一号〜三号に該当しない小規模な建築物です。法6条の建築物の分類に応じて構造計算の方法が変わります。計算方法は法20条に定義されます。法20条の意味は、下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート


簡単にいうと、「戸建て住宅程度の大きさ」と考えてください。


なお、法6条1項四号の建築物を四号建築物といいます。四号建築物の意味は、下記の記事が参考になります。

4号建築物とは?1分でわかる意味、構造計算、大規模修繕との関係


例えば、延床面積が100uの鉄骨造は、小規模建築物ですね。法6条一号〜三号に該当しないからです。


中規模建築物(法6条1項三号)の規模を確認し、該当しなければ小規模建築物となる可能性が高いです。法6条の対象建築物は、法20条との関連もあるので、法文に注意してくださいね。

小規模建築物の定義

小規模建築物の、建築基準法上の定義は下記です。


法6条1項四号に該当する建築物


簡単にいうと、「小さな建築物」です。小規模建築物に該当するかは、法6条1項一号〜三号、法20条1項一号〜四号を読みましょう。

小規模建築物の基礎

小規模建築物は構造計算が不要です。ただし、安全性に問題のある建築物をつくっては駄目です。そこで、仕様規定が設けられています。※仕様規定の意味は下記の記事が参考になります。

仕様規定とは?1分でわかる意味、鉄骨造、構造計算との関係、性能規定


小規模建築物は、不同沈下など基礎の問題が多いです。基礎の仕様規定を順守し、適切な基礎を設計したいですね。


なお、建築学会から、小規模建築物の基礎設計に関する書籍が出版されています。小規模建築物の基礎を設計するときの参考にしてください。

小規模建築物基礎設計指針

まとめ

今回は小規模建築物について説明しました。意味が理解頂けたと思います。小規模建築物は、建築基準法6条1項四号に規定される建築物です。簡単に言うと、戸建て住宅程度の規模です。小規模建築物の定義と併せて、法20条、法6条、四号建築物の意味を理解してくださいね。下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート

4号建築物とは?1分でわかる意味、構造計算、大規模修繕との関係

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 小規模建築物とは?1分でわかる意味、定義、基礎、建築基準法との関係