1. HOME > 構造力学の基礎 > 開口周比ってなに?1分で分かる開口周比の意味と計算方法

開口周比ってなに?1分で分かる開口周比の意味と計算方法

開口周比という用語を聞いたことがあるでしょうか。開口周比は、鉄筋コンクリート造の耐震壁に開口が空いたとき、その壁が耐震壁になるか否か判断する指標です。今回は、開口周比の意味と計算方法について説明します。


耐震壁については、下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

開口周比の意味

開口周比は、開口の面積に対する壁の面積の比率です。つまり開口周比が60%は、壁の面積に対して半分以上(60%)も開口である、という意味です。


壁の面積に対して開口の割合が大きくなると、耐震壁になりません。よって開口周比の値から、「その壁が耐震壁か否か」判断できます。


では開口周比は、具体的にどうやって計算するのでしょうか。


開口周比の計算方法

開口周比は下記の計算式より求められます。


各記号は、下図をみてください。


計算自体は簡単ですが、2点注意事項があります。1つは、開口寸法の値です。意匠図に明記される建具寸法より、開口寸法は大きくなります。建具寸法と開口寸法がピッタリだと、「建具が入らない」とイメージできるでしょう。


詳細は建具メーカーに確認する必要がありますが、例えば建具寸法に対して、


です。大きさが変わると開口面積も変わります。注意してください。


2つめは、壁の寸法の取り方です。基本的には、梁中心間距離と柱中心間距離で問題ないのですが、1階は例外です。1階は、地中梁天端から2階の梁天端を「H」としましょう。


理由は、地中梁は一般梁に比べて大きいので、壁の面積が大きめに評価されるからです。実際の壁よりも、大きくなる可能性もあります。

耐震壁の判定

建築基準法では、開口周比が0.4以下の場合、耐震壁とみなすことができます。つまり0.4を超えると耐震壁にならないのです。


0.4という数字を覚えておけば、開口と壁の面積を眺めるだけで耐震壁に成るか否か判断できます。


また開口周比0.4以下の耐震壁は、開口による耐力の低減があることに注意しましょう。

まとめ

今回は、開口周比について説明しました。採光や通風のために開口は必要不可欠です。かといって、構造的に必要な耐震壁を疎かにできません。


耐震壁の開口周比を意識しつつ、耐震壁になるような開口の大きさに調整したいですね。下記の関連記事も併せて参考にしてください。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 開口周比ってなに?1分で分かる開口周比の意味と計算方法