1. HOME > 鋼構造の基礎 > 間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

間柱は、木造や鉄骨造に必要な部材の1つです。基本的に、木造・鉄骨造でも間柱の使い方は同じです。では、間柱の役割はなんでしょうか。今回は、そんな間柱の役割、寸法、間隔、胴縁との違いについて説明します。

間柱とは?

間柱は、壁の下地材や下地受け材となる柱です。


下図をみてください。これは木造の外壁で、大壁の納まりです。

間柱の納まり

このように、外壁を縦に張るとき下地材として横胴縁が必要です。さらに、横胴縁を受けるために間柱を設けます。


外壁を横に張るときは、間柱を細かく入れて直接下地材として使います。※胴縁については下記の記事が参考になります。

胴縁とは?


鉄骨造も、木造と同じ考え方で外壁の下地受け材(下地材を受ける部材)として使います。ただし鉄骨造では、間柱の使い方が多様です。鉄骨階段、建物内の工作物などに使います。


さて、間柱は「構造部材ではない」と勘違いする方が多いです。前述したように、間柱は外壁の荷重を受ける部材です。つまり構造部材と言えます。ただ、地震力は負担できない部材です。


間柱の構造的なポイントは「地震力を負担しないこと」です。鉄骨造の間柱は、地震力を一切負担させないため、両端をピン接合にします。※ピン接合については下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

ピン接合は回転する接合部なので、地震力が伝わりません。

スポンサーリンク
 

間柱の寸法

間柱は、主柱に比べて小さい寸法です。それは、地震力を負担しないからです。

木造

間柱の寸法は、幅が30〜50mm、せいは主柱と同程度です。


主柱のせいが100mmの場合、間柱もせいを100mmに揃えます。間柱は外壁や下地材を釘で留めます。あまりに小さいと釘が打てません。

鉄骨造

間柱の寸法は、角型鋼管又は広幅H形鋼で、100×100〜200×200mm程度です。


但し、建物の規模により大きさは変わります。また外壁受け以外の用途で間柱を使う場合、上記より大きくなることも。計算により間柱断面を決めます。

間柱の間隔

間柱を外壁の下地材として使う場合、間隔は300〜450mm程度です。ただ、外壁が厚いため変形しにくいのなら、間隔を広げることも可能です。


鉄骨造では間柱の間隔を計算、開口位置により決めます。鉄骨造では下地材として間柱を使うことが少ないので、間隔は指定せず必要な箇所に入れます。

 

間柱と胴縁との違い

間柱と胴縁の違いは、木造の場合下記です。

・間柱 胴縁の支持材又は外壁の下地材

・胴縁 外壁の下地材


下図をみてください。これは間柱と胴縁の関係を示した図です。

間柱と胴縁

このように、外壁を縦に張る場合、横胴縁が必要です。横胴縁は、細かく建てた間柱に留めます。


鉄骨造の間柱と胴縁の違いは下記です。

・間柱 胴縁の支持材

・胴縁 外壁の下地材


胴縁は、外壁を直接留める部材です。間柱は、その胴縁を受ける支持材となります。

まとめ

今回は間柱について説明しました。間柱の意味など理解頂けたと思います。木造は慣例的に、間柱のピッチが決まっています。鉄骨造は、間柱の位置や寸法を計算により決めることが多いです。また、間柱と胴縁は似たような部材ですが、違いをよく理解しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い