1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > マンションの耐力壁に穴あけは大丈夫?1分でわかる問題、耐力壁と穴あけの関係
スポンサーリンク

マンションの耐力壁に穴あけは大丈夫?1分でわかる問題、耐力壁と穴あけの関係

マンションの耐力壁への穴あけは厳禁です。耐力壁は、地震に抵抗する大切な構造部材です。孔を空けることで耐力が低下します。また、場合によっては耐力壁で無くなる可能性があります。今回は、マンションの耐力壁と穴あけの関係、問題点について説明します。今回の記事は、耐力壁の意味、開口補強、スリーブの意味などを理解すると良いでしょう。下記が参考になります。

耐震壁と耐力壁の違い

開口補強材とは何か?

スリーブってなに?梁のスリーブ位置や間隔、孔径、スリーブ補強

マンションの耐力壁に穴あけは大丈夫?

マンションの耐力壁は厳禁です。仮にマンションを設計した会社、施工会社に質問しても、


「穴あけできません。」


という回答が返ってくるでしょう。もし、不動産屋さんが「OK」を出しても信じては駄目です。


マンションの耐力壁は、地震に抵抗する大切な構造部材です。耐力壁に穴あけを行うと、その分、元々の耐力が低下します。元々の耐力が低下すれば、地震に対する危険性が増加しますね。これは、穴の大小の問題では無いです。


また、小さな穴だとしても、「耐力壁で無くなる」可能性もあります(開口の包絡、開口周比の影響)。


建物の構造設計は、開口(かいこう)の寸法、形状など、とても細かく構造計算に反映しています。建物ができた後に穴あけを行っても、その情報は構造計算に反映されません。開口の意味は、下記が参考になります。

開口部とは?1分でわかる意味、定義、読み方、建築との関係


どうしても検討してもらいたい場合、費用が発生するでしょう。検討した結果、やはりNGという可能性もあります。OKだとしても、法律的な審査が必要になる場合もあります。

耐力壁と穴あけ、孔径、開口補強、開口周比の関係

耐力壁に穴(開口部)あけを行う場合、設計時に開口を考慮します。開口回りには開口補強筋が必要です。また、開口による耐力壁の耐力の低減、耐力壁に該当するかの確認を行います。


開口が大きすぎる(開口を増やし過ぎる)と、「開口周比」という値が大きくなります。開口周比とは、開口の面積と耐力壁の面積の比率です。開口周比が規定値を超えると、耐力壁で無くなります。後で穴あけを行うと、耐力低下だけでなく、そもそも耐力壁で無くなる可能性もあるのです。


以上、マンションの耐力壁の穴あけは厳禁です。


ただし雑壁の場合、考える余地があります。雑壁と耐力壁の違いは、構造図や構造計算書で確認します。詳細は、下記も参考になります。

耐震壁と耐力壁の違い

まとめ

今回は、マンションの耐力壁の穴あけについて説明しました。基本的に、竣工後の建物の構造部材を変えることはできません。小さな穴だから大丈夫、という訳でも無いです。孔の大小に限らず、耐力壁の耐力が低下するからです。下記の記事も併せて勉強しましょう。

耐震壁と耐力壁の違い

スラブ厚とは?1分でわかる意味、規準、かぶり厚、調べ方、マンション


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > マンションの耐力壁に穴あけは大丈夫?1分でわかる問題、耐力壁と穴あけの関係