1. HOME > 構造計算の基礎 > 小梁の設計例(B-designの使い方)

小梁の設計例(B-designの使い方)

当サイトの『二次部材の設計』で簡単に小梁の設計例を示しました。


小梁の設計が簡単にできるエクセルシートを使ってみましょう。

下図は私が作成したエクセルシート画面で、ここでは当ソフトについて使い方を説明します。

まず、対応しているモデルは『荷重条件:分布荷重、境界条件:両端ピン』の小梁のみをとり扱います。一般的な建物だと、こういった小梁が一番多いかと思います。


また、実際の建物で小梁としてよく用いられるH鋼を対象とし、

『部材断面を選択するだけで断面性能自動切り替え』

『Mo,C,Qo,fb,σ,δを自動計算』

『不等号,OKかNGかを自動判定』

等の簡易ですが便利な機能を持ち合わせています。

スポンサーリンク
 

・B-design.vol-1の使い方

以下、使い方となっています。


※『B-design.vol-1』は簡単に小梁の設計ができるエクセルシートです

@ まずwに作用する荷重(分布荷重のみに対応)を入力します。

A 次に求めようとする小梁のスパンを入力します。

B 小梁の座屈長さLbを入力します。

C プルダウンをクリックして部材断面を選択します。(断面性能は自動で切り替わります。)

また、右側にみえるH−○x○x○x○などの断面表は削除せずそのままにしてください。印刷するとき邪魔になりません。


以上、使い方をざっと説明しました。用いている式などは鋼構造設計基準などを参考にしています。ダウンロードは小梁の設計(B-design.vol-1)からお願いします。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 小梁の設計例(B-designの使い方)