建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 数学の基礎 >鋭角三角形とは?1分でわかる意味、条件、直角三角形、鈍角三角形との違い

鋭角三角形とは?1分でわかる意味、条件、直角三角形、鈍角三角形との違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


鋭角三角形(えいかくさんかくけい)とは、3つの角度が鋭角の三角形です。例えば正三角形は全ての角度が60度です。よって鋭角三角形ですね。もちろん正三角形だけでなく角度の組み合わせに応じて色々な鋭角三角形があります。また、1つの角度が直角な三角形を直角三角形、最も大きな角度が鈍角な三角形を鈍角三角形(どんかくさんかくけい)といいます。今回は鋭角三角形の意味、条件、直角三角形と鈍角三角形との違いについて説明します。鋭角の意味は下記をご覧ください。

鋭角とは?1分でわかる意味、定義と求め方、0度、範囲、鈍角との違い

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

鋭角三角形とは?条件

鋭角三角形(えいかくさんかくけい)とは、3つの角度が鋭角の三角形です。「最も大きな角度が鋭角の三角形」と表現することもあります。どちらも同じ意味です。下図に鋭角三角形を示しました。

鋭角三角形

3つの角度が鋭角となる三角形として「正三角形」があります。正三角形は3つの辺、角度が全て等しいです。三角形の内角の和は180度です。1つの角度をθとするとき3θ=180、θ=60度です。60度は鋭角なので、正三角形は鋭角三角形といえます。


下図のように30度、70度、80度という角度を持つ三角形も鋭角三角形です。

鋭角三角形の例

3つの角度の組み合わせにより色々な鋭角三角形があります。また、鋭角とは0度より大きく90度より小さい角度のことです。鋭角の詳細は下記が参考になります。

鋭角とは?1分でわかる意味、定義と求め方、0度、範囲、鈍角との違い

スポンサーリンク

鋭角三角形と直角三角形、鈍角三角形との違い

鋭角三角形、直角三角形、鈍角三角形の違いを下記に示します。


鋭角三角形 ⇒ 全ての角度が鋭角の三角形(最も大きな角度が鋭角の三角形)

直角三角形 ⇒ 1つの角度が直角の三角形(最も大きな角度が直角の三角形)

鈍角三角形 ⇒ 1つの角度が鈍角の三角形(最も大きな角度が鈍角の三角形)


鈍角とは直角(90度)より大きな角度です。下図に鈍角三角形を示しました。直角三角形、鈍角三角形共に、残り2つの角度は必ず「鋭角」になります。

まとめ

今回は鋭角三角形について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋭角三角形とは、全ての角度が鋭角の三角形です。代表的な鋭角三角形として全ての角度が60度である「正三角形」があります。直角三角形、鈍角三角形との違いも理解しましょう。鋭角の意味は下記をご覧ください。

鋭角とは?1分でわかる意味、定義と求め方、0度、範囲、鈍角との違い

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 数学の基礎 >鋭角三角形とは?1分でわかる意味、条件、直角三角形、鈍角三角形との違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事