1. HOME > 数学の基礎 >角度の計算と斜辺、高さの関係は?3分でわかる計算(求め方)、辺の長さから角度を求める
スポンサーリンク

角度の計算と斜辺、高さの関係は?3分でわかる計算(求め方)、辺の長さから角度を求める

斜面(勾配)の角度は、三角形の斜辺と高さが分かれば計算できます。又は斜辺と底辺が既知でも良いです。角度θを求める計算式はθ=Atan(a/b)です。また、角度の値が既知であれば斜辺、高さ、底辺の長さを計算できます。今回は、角度の計算と斜辺、高さの関係、辺の長さから角度を求める方法について説明します。傾斜、勾配の計算については下記が参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

勾配の計算は?1分でわかる意味、単位、パーセント、1/100、20パーセントの関係

角度の計算と斜辺、高さの関係は?

斜面の角度は、三角形の斜辺と高さが既知であれば計算できます。下図に三角形を示しました。


傾斜と三角形


斜面の角度の計算式は下記です。※値の単位はラジアンです。


θ=Asin(b/c)


ラジアンの意味、度数表示の方法は下記が参考になります。

ラジアンから角度への変換は?1分でわかる求め方、式、計算ツール


上記の値を「度」で知りたいときは下式で計算します。


θ=Asin(b/c)×180/π


Asinはsinの逆数です。180/3.14は、概ね「60」です。概算的には、ラジアンの値に60を掛ければ算定できます。上記のように斜面の角度は、斜辺と高さにより計算できます。


具体的な値を求めましょう。斜辺c=10m、高さb=5mのとき角度θは


θ=Asin(b/c)×180/π=Asin(5/10)×180/π=30°


です。斜辺と高さの値から角度が計算できましたね。実は、三角形の辺の長さが2つ既知であれば角度の計算は可能です。詳細は下記が参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

勾配の計算は?1分でわかる意味、単位、パーセント、1/100、20パーセントの関係

スポンサーリンク

辺の長さから角度を求める方法

前述した式以外の、三角形の辺の長さから角度を求める方法を示します。


斜辺と高さで角度を求める式 ⇒ θ=Asin(b/c)×180/π

底辺と高さで角度を求める式 ⇒ θ=Asin(b/a)×180/π

斜辺と底辺で角度を求める式 ⇒ θ=Asin(a/c)×180/π


傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

まとめ

今回は、斜面の角度を斜辺と高さから求める方法を説明しました。意味が理解頂けたと思います。角度の計算は三角関数の知識が必須です。ピタゴラスの定理、ラジアンから角度への変換など下記も勉強しましょう。

ピタゴラスの定理とは?1分でわかる意味、証明、3:4:5の関係、三平方の定理との違い

ラジアンから角度への変換は?1分でわかる求め方、式、計算ツール

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 数学の基礎 >角度の計算と斜辺、高さの関係は?3分でわかる計算(求め方)、辺の長さから角度を求める
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事