1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートと鉄筋の関係は?1分でわかる意味、特徴、錆、付着

コンクリートと鉄筋の関係は?1分でわかる意味、特徴、錆、付着

コンクリートと鉄筋は、単体では弱い材料ですが、組み合わせることで互いの弱点を補うこができます。コンクリートと鉄筋を組み合わせた材料を、鉄筋コンクリートといいます。今回は、コンクリートと鉄筋の関係、特徴、錆び、付着について説明します。当サイトでは、鉄筋コンクリート造について色々な記事を紹介しています。下記のページからご覧いただけます。

鉄筋コンクリート造の基礎


また、鉄筋コンクリート部材の付着は、下記の記事が参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について

コンクリートと鉄筋の関係は?

コンクリートと鉄筋は、単体では弱点の多い材料です。コンクリートは圧縮力に強いですが、引張力に弱いです。曲げる力を加えると、すぐに折れます。一方、鉄筋は引っ張る力に強いですが、細いので、圧縮力に弱いです。すぐに座屈します。※座屈の意味は、下記の記事が参考になります。

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類


しかし、コンクリートと鉄筋を組み合わせることで、両者の弱点を補った材料となります。それが、鉄筋コンクリートです。


また、鉄筋は錆びやすい材料です。空気に触れると酸化しますが、コンクリートに被覆されることで錆びません。コンクリートはアルカリ性だからです。


コンクリートと鉄筋は、線膨張係数が同じです。温度による変形が同じなので、鉄筋とコンクリートが一体として動きます。線膨張係数が異なる値だと、同じ温度で異なる変形を起こすので、鉄筋とコンクリートの間に応力が生じます。

鉄筋コンクリートの特徴

鉄筋コンクリートの特徴を下記に整理しました。


・鉄筋とコンクリートの弱点を補いあった材料

・コンクリートは圧縮力、鉄筋は引張力に抵抗する

・遮音性が高く、振動や変形が小さいため、居住性が良い


居住性が良いことから、マンションや学校など静かな環境に適した建物に使います。

鉄筋の錆と、コンクリートの関係

鉄筋は錆びやすい材料です。鉄筋の材質は、鋼なので酸化します。鉄筋コンクリートは、鉄筋の周囲をコンクリートで覆うので錆びません。コンクリートはアルカリ性です。コンクリートがある限り、鉄筋は錆びにくいのです。


ただし、コンクリートがひび割れると、そこから空気や水が入ります。空気や水が鉄筋に触れると当然錆びます。


また、コンクリートはアルカリ性ですが、年数が経つと空気中の酸素の影響で、中性に近づきます。これを中性化といいます。中性化したコンクリートは、鉄筋を錆から守ることができません。

鉄筋の付着とコンクリートの関係

鉄筋は、コンクリートから抜け出さないよう付着性が大切です。付着を高めるため、鉄筋の周りには突起が付いています。この鉄筋を異形鉄筋といいます。※異形鉄筋の意味は、下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格


鉄筋の付着は、下記の記事も参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について

まとめ

今回はコンクリートと鉄筋の関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋とコンクリートは、単体では弱点の多い材料です。組み合わせることで、互いの弱点を補います。鉄筋コンクリート造の特徴を覚えてください。下記の記事も参考にしてくださいね。

鉄筋コンクリート造の基礎

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

コンクリートの弱点は?1分でわかる弱点と種類、劣化とひび割れ


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > > コンクリートと鉄筋の関係は?1分でわかる意味、特徴、錆、付着