1. HOME > 構造力学の応用 > マクスウェルベティの定理

マクスウェルベティの定理

変形と仕事の関係を表す定理として、マクスウェル・ベティの定理を勉強しましょう。下図を見てください。

さて、任意の点1及び2についての変位と仕事の関係について考えます。ここで、変位δを

とし、i:任意の点(1or2)、j:荷重の番号(1or2)です。

まず、以上の梁に作用している仕事を考えます。例えば、二つの荷重が梁に同時に作用した場合、その仕事は、

ですね。

スポンサーリンク
 

次は、作用させる荷重に順番をつけてみます。初めに荷重P1を作用させ、そのあとにP2を作用させると、どうなるのでしょうか?

よって、P2を作用させた後での仕事は

です。

は、荷重P1が変化していない状態で、変形がおきているのでこの仕事量となりますね。また、同様に、先ほどと逆の手順で荷重を作用させます。すると、

ですね。

さて、以上の計算で仕事は順序を変えても無関係なので、

となります。よって、

一般的な式に変換すると、

で、この式をベティの定理と呼びます。さらに、ベティの定理においてP1、P2を1としたとき、

です。この式を、マクスウェル・ベティの定理と呼びます。さらに、単位の力による変形をたわみ係数αと呼び、次式で表します。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の応用 > 材端力と部材力