1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > パーセントオフとは?1分でわかる意味、15パーセントオフ、5パーセントオフの計算、電卓の使い方

パーセントオフとは?1分でわかる意味、15パーセントオフ、5パーセントオフの計算、電卓の使い方

15パーセントオフとは、物の値段を「15%引きする」という意味です。1000円の15パーセントオフした値段は、850円です。建築では、「8.5掛け(=15パーセントオフ)」という言い方をします(これを掛け率といいます)。今回はパーセントオフの意味、15パーセントオフ、5パーセントオフの計算、電卓の使い方について勉強します。掛け率の意味は、下記が参考になります。

掛け率とは?1分でわかる意味、相場、見積金額との関係、計算法

パーセントオフとは?

パーセントオフとは、物の値段を「値引きする」という意味です。例えば15パーセントオフは、「15%引き」です。1000円の商品があります。「15パーセントオフ」と書いてありました。値引き後の値段は、850円です。これは下記の計算を行います。


値引きする金額 1000×15%(15/100)=150円

元の値段から値引きした金額 1000−150=850円


元の値段に対して15%値引きするので、1000円に15%を掛けます。15%は15/100です。よって150円ですね。あとは、元の値段から150円を引けば、値引き後の金額が計算できます。


もっと簡単な方法があります。下図をみてください。15パーセントオフということは、「100%に対して15%が無くなる」という意味です。

パーセントオフとグラフ

100%から15%が無くなると、「何%でしょうか?」答えは85%です。つまり、85%を元の値段に掛ければ、それが値引き後の金額です。


1000×85%=850円


最初に説明した計算結果と同じですね。建築では、15パーセントオフという言い方ではなく、「8.5掛け」といいます。これは15パーセントオフした「残りは85%になる」ことを強調していますね。「8.5掛け」などを掛け率といいます。掛け率の意味は、下記が参考になります。

掛け率とは?1分でわかる意味、相場、見積金額との関係、計算法

〇パーセントオフの計算方法と電卓の使い方

前述したように、〇パーセントオフの計算は、「パーセントオフして、残った割合を元の金額に掛ける」方法が簡単です。


15パーセントオフなら、85%残ります。元の金額をAとします。計算方法は下記です。


A×0.85


0.85は、〇パーセントオフの「〇」の値で変わります。〇をBとするとき、下式がパーセントオフの計算式です。Aの単位は円、Bは%とします。


A×(100−B)/100


電卓で簡単に計算できますね。

5パーセントオフの計算

計算式に従い、各パーセントオフを計算します。元の金額は1000円です。


1000×0.95=950円

15パーセントオフの計算

15パーセントオフの残りは85%なので、


1000×0.85=850円


です。

60 パーセントオフの計算

60パーセントオフの残りは40%なので、


1000×0.4=400円


です。

80パーセントオフの計算

80パーセントオフの残りは20%なので、


1000円×0.2=200円


です。

まとめ

今回はパーセントオフについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。パーセントオフは、元の金額を「値引きする」という意味です。値引き後の金額の計算方法を覚えてくださいね。建築に限らず、お店や実生活で多用します。社会人の方は、「掛け率」の意味を覚えると良いでしょう。下記が参考になります。

掛け率とは?1分でわかる意味、相場、見積金額との関係、計算法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > パーセントオフとは?1分でわかる意味、15パーセントオフ、5パーセントオフの計算、電卓の使い方