1. HOME > 基礎構造を学ぶ > スウェーデン式サウンディング試験とは?1分でわかる意味、地耐力、深さ

スウェーデン式サウンディング試験とは?1分でわかる意味、地耐力、深さ

スウェーデン式サウンディング試験(以降、SS試験)は、戸建て住宅の地盤調査などで用いられます。標準貫入試験に比べて簡易で、費用も安いです。一方で、地盤によっては、試験内容が十分でない欠点があります。今回は、SS試験の意味、SS試験の結果と地耐力の関係、SS試験の可能な深さについて説明します。※標準貫入試験については下記の記事が参考になります。

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

スウェーデン式サウンディング試験とは?

SS試験とは、名前の通り、スウェーデンから日本に持ち込まれたサウンディング試験のことです。サウンディング試験とは、地中に挿入した物体の抵抗性から、地盤の性状を調査することの総称です。標準貫入試験もサウンディング試験の1つです。サウンディング試験には下記があります。


・スウェーデン式サウンディング試験

・標準貫入試験

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類


・ベーン試験

ベーン試験とは?1分でわかる意味、せん断強さ、粘着力、試験方法


・コーン貫入試験


SS試験は、下図のようなロッドとハンドルで構成されます。ロッドの先端はスクリューがついています。SS試験は、2段階試験があります。まず、ロッドの元端(ハンドルに近い部分)に、おもりを取り付けます。おもりは段階的に大きくし、最大で1000Nです。


最大の重りを取り付けても貫入しない場合、ハンドルを使って回転させ地盤を25cm貫入させます。このとき、ハンドルの半回転数(180度)、載荷した重りの荷重を用いて、地耐力を評価します。

SS試験

スポンサーリンク
 

スウェーデン式サウンディング試験の方法

SS試験の試験方法を下記に整理しました。


・荷重を段階ごとに載荷する。荷重は、5、15、25、50、75、100kgの段階がある。100kg最大である。

・各荷重の載荷した段階で、ロッドの沈み具合を記録する。

・100kgまで載荷した後、ロッドの貫入が無ければ、ハンドルを回転させ、25cm貫入させる。このときの半回転数を記録する。※半回転数は180度回転を1とする。360度で2


※上記は概略ですので詳細はJISや、下記の書籍などをご参考にしてくださいね。

住宅地盤がわかる本 安全な地盤の基礎・設計の考え方

スウェーデン式サウンディング試験の試験可能な深さ

SS試験の試験可能深さは、概ね10m程度です。住宅の試験では、5か所程度行います。

スウェーデン式サウンディング試験の結果と地耐力の関係

SS試験の結果から、下式より地耐力を計算します。

qaは地盤の許容支持力(地耐力)、Wswはss試験で載荷した荷重、Nswは1m当たりの半回転数(半回転数を4倍した値、25cm×4=100cm)です。

まとめ

今回はSS試験について説明しました。意味が理解頂けたと思います。SS試験は、戸建て住宅の地盤調査法の1つです。簡易かつ試験費用も安いメリットがあります。一方で、SS試験だけでは地盤の特性を評価できません(試料採取できない、など)。この場合、近隣の地盤調査結果など、補足資料と併せて判断したいですね。また、SS試験以外のサウンディング試験は下記があります。併せて勉強しましょう。

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

ベーン試験とは?1分でわかる意味、せん断強さ、粘着力、試験方法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > スウェーデン式サウンディング試験とは?1分でわかる意味、地耐力、深さ