建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


標準貫入試験は、地盤調査の1つです。標準貫入試験で、地盤の硬さ・軟らかさ、試料(地盤)の採取、地盤の締まり具合などがわかります。今回は、標準貫入試験の意味、打撃回数とn値との関係、試料の種類、標準貫入試験の方法について説明します。


標準貫入試験は、ボーリング調査の1つです。ボーリング調査の意味は、下記が参考になります。

ボーリング調査ってなに?すぐに分かるボーリング調査と標準貫入試験

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

標準貫入試験とは?

標準貫入試験は、地盤調査の1つです。地盤の硬さ・軟らかさ、試料の採取、地盤の締まり具合などが判断できます。


試験内容をざっくり言うと、地盤を打撃して、地盤の強さを調べる試験です。硬い地盤なら、打撃しても貫入しにくいですし、軟らかい地盤なら簡単に貫入します。


よって、所定の貫入量に達するまでに、「何回打撃したか?」が大切な情報です。この打撃回数をN値といいます。打撃回数とn値の関係は後述します。また、下記が参考になります。

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力


標準貫入試験を行うことで、地盤の力学性状がある程度把握できます。木造二階建て住宅(一般的な戸建て住宅)では、標準貫入試験を行うことは少ないですが、非住宅など規模の大きな建物では必ず行う地盤調査です。

標準貫入試験の方法

標準貫入試験の方法を、下記に示しました。※なお、詳細な試験方法はJIS A 1219が参考になります(JIS規格は無料で閲覧可能です)。


標準貫入試験に使う機器(打撃装置、サンプラー、ロッドなど)は、実際に動画や画像をみて確認してください。youtubeの動画を検索すれば、標準貫入試験の動画がでてきます。

標準貫入試験の打撃回数とn値

標準貫入試験では、サンプラーを300mm貫入させるために必要な打撃回数を調べます。この打撃回数を「N値」といいます。※N値については下記が参考になります。

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力


例えば、ある土質の標準貫入試験で、サンプラーを300mm貫入させるために、30回の打撃が必要でした。このとき、N値は「30」です。一般的に、打撃回数(N値)は、60が上限です。※但し、60を超える打撃回数も記録する場合もあります。


打撃を繰り返しても一向に貫入しない地盤があります。これは、「貫入不可」となります。岩盤などはとても固いので、貫入不可になりやすいです。


逆に、サンプラーの重み(打撃無しで)だけで、300mm貫入する地盤もあります。これは、N値「0(ぜろ)」です。「自沈(じちん)する地盤」といいます。

標準貫入試験で採取可能な資料

標準貫入試験は、サンプラーを貫入させ地盤の硬さ・軟らかさを調べることが可能です。サンプラーは、中央に所定の孔が空いているので、貫入すると同時に、サンプラー内部には地盤(試料)が採取されています。


※サンプラーは、パカっと縦に2分割できる構造です。サンプラー内部の試料が簡単に採取できます。


この試料を、「乱した試料」といいます。「乱した」とは、サンプラーを貫入させる過程で、試料を傷つけた、叩いたことを意味します。


乱した試料は、力学試験(一軸圧縮強度試験など)に使うことはありません。乱しているので、力学性状が変わっている可能性があるからです。


力学試験に使う試料を、「乱さない試料」といいます。

まとめ

今回は標準貫入試験の意味、方法などを説明しました。意味が理解頂けたと思います。マンションやオフィスを設計する前は、必ず地盤調査を行います。地盤調査は、標準貫入試験が基本です。試験の目的や、ざっくりとした試験の流れを覚えてくださいね。また、試験のイメージを持ちたい方は、動画や画像で確認してください。もう1つ大切な地盤調査として、孔内水平載荷試験も理解したいですね。

孔内水平載荷試験の目的と試験方法

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事