1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎構造の種類

基礎構造の種類

基礎には大まかに分類すると2つの基礎形式に分けられます。


それが、

@直接基礎

A杭基礎

です。


@の直接基礎は、その名の通り地盤の上に直接基礎を載せたような形式で、比較的地盤が良好な場合や、階数が低く建物全体の重量が少ない場合(木造や鉄骨造)に用いられます。

直接基礎の構造的な特徴として、建物の重量を「フーチングの大きさ」、「土の押さえ効果」によって支えているという点です。

スポンサーリンク
 

皆さん、想像できるかと思いますが一応、上の図にどういう意味か示しました。

なんとなくわかると思いますが、フーチングが大きければ大きいほど、より多くの重量を支えられる気がしますし、フーチングに土が被さっていれば、その土の重量分押えられて基礎は動かないような気がします。


そういった人間的な感覚は大抵が正しくて、工学的に言えば、フーチングの断面が大きければ、断面積が大きいということなのでP/A(Pは上からの重量)より単位面積当たりの荷重は小さくなります。


また、土の押え効果というものは別ページ「地耐力の算定」で示しているように「Df」と呼ばれる計算項が大きくなるため、多くの重量を支えることができます。


Aの杭基礎は、いくら地面を掘っていっても良い地盤が出現せず、数十メートルも下に良好な地盤がある場合や、地震時の液状化対策、上部構造の構造により杭基礎を用いる場合など様々みられます。


比較的大きい建物やRC造はコンクリートによるボリュームが大きいため黙っていても杭基礎になります。建物の重要度が高い場合は液状化に対する検討も必ず行います。直接基礎で持ちそうな場合でも、地震時に下の地盤が液状化を起こし建物が転倒したのでは意味がありません。そういった意味でも、上部構造の重量を支えるだけでなく地震時のさらなる安全性をたかめるために杭基礎は用いられます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 断面係数とは