1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 地中梁と基礎梁の違いと役割について

地中梁と基礎梁の違いと役割について

地中梁と基礎梁はどのような違いがあるのでしょうか。答えを先に言えば、全く同じ意味。昔は地中梁と使われていた用語が、基礎梁に変更されたのです。今回は、両者の違い、地中梁又は基礎梁の役割について説明します。


元々は「地中梁」が先に生まれた言葉

元々は地中梁、という言葉が先に使われました。地中梁は名前の通り、地中(地面の下)に埋められた梁のこと。地面の下にある梁なので、鋼製では錆びてしまいます。そのため地中梁は鉄筋コンクリートで造ることが一般的です。


実務では基礎梁よりも地中梁とよくいいます。そういった慣習からも、昔から慣れ親しんだ言葉だとわかりますね。

スポンサーリンク
 

基礎梁という用語になった理由は、基礎という位置づけを強めるため

一方、基礎梁は比較的新しい用語です。建築学会の規準書などでは基礎梁、の用語がつかわれています。なぜ地中梁から基礎梁と用語が変更されたのか。これは、基礎梁のかぶりが多く必要であるから、と推察できます。


地中梁、というと言葉の意味から察するに、普通の梁に対して土に接するから+10mmのかぶりを見込む、と考えることができますね。一方、基礎梁は基礎と同様にかぶりを70mm必要で、「地中部の梁」と考えるより余計にかぶりが必要なのです。


※かぶり、については下記の記事が参考になります。


RC梁はひび割れが起きやすく、ひび割れから土中の水分が入って鉄筋を錆びさせる可能性があります。そうした意味からも、かぶりは多く必要なので、あえて「基礎梁」と用語変更した、と考えられます。


地中梁又は基礎梁の役割について

では、何のために地中梁はあるのか。これは1階の床を支えるためです。1階の床下は土が埋め戻してあるのですが、柔らかい盛土のため時間と共に沈下します。沈下すると、1階床は浮いているわけですから、床を支える梁が必要です。


この梁が地中梁(基礎梁)というわけです。地中梁が無いと、1階の床は沈下して建物は使い物になりません。また、地中梁は基礎同士をガッチシ繋げるという意味でも有効です。構造的に言えば、曲げモーメントを地中梁で伝達する、ということ。


地中梁がない独立基礎は設計上好ましくありません下記に詳細を書いています。参考にしてください。


まとめ

地中梁と基礎梁、両者は全く同じ意味です。建築学会や正式な文章では基礎梁と使う方が多いかもしれません。逆に実務では、昔ながらの慣習で地中梁と言います。地中梁は、床を支え、力を伝達する重要な構造部材なのです。


また杭基礎の場合、地中梁は杭曲げを考慮して配筋を決定します。詳細は下記の記事が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 地中梁と基礎梁の違いと役割について