1. HOME > 鋼構造の基礎 > 母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語

母材は、鉄骨造で接合部以外の部分をいいます。例えば鉄骨部材の継手は「接合部」ですが、継手以外の部分を母材といいます。今回は、母材の意味、材料、溶接との関係、鉄骨造での母材の使い方について説明します。※接合部については下記の記事が参考になります。

接合部と接合方法について

母材とは?

母材とは、鉄骨造における「接合部以外の部分」です。下図をみてください。柱と梁を接合した部分を「仕口」または柱梁接合部といいます。この部分は「接合部」ですが、それ以外を母材といいます。接合部の基(もと)となる部材と考えてください。

母材と接合部

またブレース構造では、ブレース材とブレース材の接合部分があります。ブレース本体の部分を母材といいます。

 

ブレースの母材と接合部

ブレース構造は、ブレースの接合を母材以上の耐力に設計します。これを保有耐力接合といいます。ここでも「母材」という用語が、当たり前に使われています。※ブレース構造については下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?


溶接では、溶着金属に対して被溶接材(溶接を行う際に、元となる材)を母材といいます。下図に示しました。

母材と溶着金属

母材は、建築で一般的に使う用語です。

母材の材料と溶接の関係

母材と接合部は、下記の関係があります。


これは溶接でも同じです。例えば母材の材質がSN490材なのに、接合部がSN400材では先に接合部が壊れます。接合部の破壊は、建物の崩壊に繋がるので許されません。


溶接部分は、母材に作用する応力を伝達する目的があります。よって、母材以上の耐力・材質とします。

母材と鉄骨造での使い方

鉄骨造における「母材」の使い方を下記に整理しました。

母材の対義語

母材の対義語は、明確に定義されていません。ただ、当サイトとしては「接合部」が対義語に当ると考えています。

母材の読み方

母材は「ぼざい」と読みます。「ははざい」とは読まないので注意してください。

まとめ

今回は母材について説明しました。母材の意味が理解頂けたと思います。母材は、接合部以外の部分と考えてください。特に、ブレース接合の設計や、溶接の設計では当たり前に 「母材」という用語を使うので忘れないよう覚えてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語