1. HOME > 鋼構造の基礎 > 柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

柱底均しモルタルとは、ベースプレート下にいれるモルタルのことです。単に無収縮モルタルといいます。今回は、柱底均しモルタルの意味、読み方、a種、b種の違い、柱底均しモルタルの施工について説明します。モルタルについては下記の記事も参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

柱底均しモルタルとは?

柱底均しモルタルとは、ベースプレート下にいれるモルタルです。コンクリート部材と鉄骨部材を接合するとき、必ず柱底均しモルタル(無収縮モルタル)が必要です。建築の実務では、単に「無収縮モルタル」といいます。


無収縮モルタルの厚みは、30mmまたは50mmとします。無収縮モルタルは、一般的に、下記の配合とします。


柱底均しモルタルは、コンクリートとベースプレート下に、はいります。鉄骨柱の柱脚に必要な部材です。柱脚について、併せて参考にしてくださいね。

柱脚の種類

無収縮モルタルの品質

無収縮モルタルは、名前の通り「収縮しないモルタル」です。無収縮モルタルの品質を下記に整理しました。


上記の圧縮強度や無収縮性を確認します。試験方法はJISによります。

スポンサーリンク
 

柱底均しモルタルの読み方

柱底均しモルタルは「はしらぞこならしもるたる」と読みます。無収縮モルタルは「むしゅうしゅくもるたる」です。

柱底均しモルタルのa種、b種の違い

柱底均しモルタルは

の2種類があります。特記なければ、A種を使います。A種とB種の違いを下記に整理しました。詳細は、下記の書籍によります。

公共建築工事標準仕様書建築工事編 平成28年版

A種

柱の建込み前に、柱の支持に必要な硬練りのモルタルなどをベースプレート中央下部に所定の高さに塗り付ける。柱の建込後、ベースプレート回りに型枠を設ける。無収縮モルタルをベースプレートの周囲からあふれ出るまで圧入する。

B種

柱の建込み前に、柱の支持に必要な硬練りのモルタルなどをベースプレートの中央下部に所定の高さに塗り付ける。柱の建込後、ベースプレート下全面に十分にいきわたるよう、適切な方法でモルタルを詰め込む。ただし、ベースプレートの大きさが300mm角程度以下の場合は、モルタルを所定の高さに平滑に仕上げておき、柱を建てこむことができる。


A種とB種で微妙な違いですが、A種の方が、型枠がある分、施工も簡単ですね。

柱底均しモルタルの施工法

柱底均しモルタルの施工法の概略を下記に整理しました。


・柱の建込御前に、柱の支持に必要な硬練りのモルタルなどをベースプレート中央下部に所定の高さに塗り付ける。

・柱の建込後、ベースプレート回りに型枠を設ける(A種とB種で考え方が違います)。

・無収縮モルタルをベースプレートの周囲からあふれ出るまで圧入する。

まとめ

今回は柱底均しモルタルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。柱底均しモルタルは、単に無収縮モルタルともいいます。鉄骨柱とコンクリートを接合する箇所は、必ず必要です。柱底均しモルタル(無収縮モルタル)は、収縮しないモルタルです。どのような品質が必要か覚えくださいね。下記の記事も併せて参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い