1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼構造接合部設計指針とは?1分でわかる内容、目次、最新版、柱脚

鋼構造接合部設計指針とは?1分でわかる内容、目次、最新版、柱脚

鋼構造接合部設計指針とは、鋼構造の接合部に関する設計方法が規定された書籍です。建築学会により出版されているので、権威のある本です。鋼構造は、部材と同じくらい接合部が重要です。鋼構造設計規準と同じくらい重要な本といえます。今回は、鋼構造接合部設計指針の内容、目次、最新版、柱脚との関係について説明します。


※鋼構造設計規準の内容は、下記の記事が参考になります。

鋼構造設計規準とは?1分でわかる内容、目次、最新版、日本建築学会

鋼構造接合部設計指針とは?

鋼構造接合部設計指針とは、鋼構造の接合部の設計方法が規定された書籍です。接合部の意味は、下記の記事が参考になります。

接合部とは?1分でわかる意味、建築物の接合部の種類、応力

鋼構造は、母材と同じくらい接合部が重要です。接合部の設計や納まりが適切でないと、構造的に成立しないからです。


鋼構造接合部設計指針は建築学会による書籍なので権威があります。接合部の計算方法、考え方に悩むときは、鋼構造接合部設計指針を参考にします。

鋼構造接合部設計指針の目次

鋼構造接合部設計指針の目次を下記に整理しました。1章から7章までで、その他は付録です。付録には、最近の研究成果による知見、ボルトやナットの規格などが明記されます。


1.基本事項

2.接合要素と接合部の基本性状

3.継手

4.柱梁接合部

5.柱梁接合部パネル

6.ブレース接合部

7.柱脚


どれも重要ですが、柱脚の章は初学者のとき、大変参考になりました。鋼構造接合部設計指針は、例題と解説も多く書いてあります。実務で疑問に思うことが、例題を通して解決します。※柱脚については、下記の記事が参考になります。

柱脚の種類

鋼構造接合部設計指針の最新版

鋼構造接合部設計指針の最新版は、2012年です。これまで、下記の変遷をたどってきました。


2001年 制定

2006年 改訂

2012年 改訂


上記の通り、6年毎に改訂されましたが、最新版は2012年でとまっています。設計法が完成に近づいている、からですね。


※最新版の鋼構造接合部設計指針は、下記からどうぞ

鋼構造接合部設計指針

鋼構造接合部設計指針と柱脚

鋼構造接合部設計指針の7章は、柱脚について説明があります。柱脚の章は例題も多く、勉強にも使えます。柱脚は、計算が曖昧になりやすいので、是非読んで頂きたい章です。※柱脚については、下記の記事も参考になります。

柱脚の種類

まとめ

今回は鋼構造接合部設計指針について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋼構造接合部設計指針は、鋼構造の接合部の設計方法を規定した本です。建築学会による書籍なので権威があります。また、例題と解説も多いので、勉強にもおすすめです。鋼構造設計規準と共に、是非読んで頂きたい一冊です。※鋼構造設計規準は下記の記事が参考になります。

鋼構造設計規準とは?1分でわかる内容、目次、最新版、日本建築学会


鋼構造接合部設計指針に興味のある方は、下記からお願いいたします。

鋼構造接合部設計指針

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼構造接合部設計指針とは?1分でわかる内容、目次、最新版、柱脚