1. HOME > 鋼構造の基礎 > 折板構造とは?1分でわかる意味、特徴、建築物の例、メリット
スポンサーリンク

折板構造とは?1分でわかる意味、特徴、建築物の例、メリット

折板構造(せっぱんこうぞう)とは、板を折り曲げることで構造性能(剛性、耐力)を向上させた構造です。屋根材に折板を使うことがあるほか、建築物の構造材に利用されます。今回は折板構造の意味、特徴、建築物の例、メリットについて説明します。折版の意味、特徴は下記が参考になります。

折板とは?1分でわかる意味、読み方、施工方法、勾配、88とは

折板構造とは?

折板構造(せっぱんこうぞう)とは、板を折り曲げることで構造性能(剛性、耐力)を高めた構造です。


下図をみてください。紙はペラペラで簡単に折り曲げることができます。材料は違いますが、鋼板(こうはん)でも同じことです。紙に比べて剛性や強度は高いですが、人や建物を支えるには不十分です。


そこで、紙や鋼板を折り曲げます。折り曲げると格段に構造性能が向上します。折り紙をした経験がある方は、イメージできますね。

折板構造と構造性能

部材の剛性や耐力は、断面二次モーメントなどが関係します。断面二次モーメントは、部材断面の「高さの三乗」に比例します。厚さが薄い紙や鋼板でも、折り曲げることで「断面の高さ」が確保でき、格段に剛性が向上します。

折板構造と断面二次モーメント

断面二次モーメントの意味は、下記が参考になります。

断面二次モーメントとは?1分でわかる意味、計算式、h形鋼、公式


折板構造を利用したものに、折板屋根があります。下図のように、鋼板を折ることで構造性能を高めた屋根材です。


折板構造と折板屋根


折板屋根の意味は、下記が参考になります。

折板とは?1分でわかる意味、読み方、施工方法、勾配、88とは

折板構造の特徴とメリット

折板構造の特徴、メリットを下記に示します。


薄い板以上の部材でも、高い構造性能が発揮できる

折板屋根は、他の屋根材に比べて経済性が良い。※折板屋根の特徴は、下記が参考になります。

折板とは?1分でわかる意味、読み方、施工方法、勾配、88とは


また、後述する建築物ように、斬新なデザインにもできます。

折板構造と建築物の例

折板構造を用いた有名な建築物に、横浜大桟橋国際客船ターミナルがあります。屋根は折板構造による独特の形状で、見る人を驚かせます。是非、一度訪れてみてくださいね。

まとめ

今回は折板構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。折板構造は、板状の部材を折り曲げて構造性能を高めた構造です。よく使う折板構造に、折板屋根があります。折板構造の特徴、断面二次モーメントや剛性との関係も勉強しましょう。下記が参考になります。

折板とは?1分でわかる意味、読み方、施工方法、勾配、88とは

断面二次モーメントとは?1分でわかる意味、計算式、h形鋼、公式


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 折板構造とは?1分でわかる意味、特徴、建築物の例、メリット