1. HOME > 鋼構造の基礎 > 焼入れとは?1分でわかる意味、焼き戻しとの関係、焼きなまし、焼きならし

焼入れとは?1分でわかる意味、焼き戻しとの関係、焼きなまし、焼きならし

焼入れとは、鋼の熱処理の1つです。焼入れは、熱した鋼を、水や油に浸して急速に冷やすことです。似た用語に、焼き戻し、焼きなまし、焼きならしがあります。これらは、鋼の強度と靭性を操作する処理です。焼入れを行うと、強度は高くなりますが、脆くなります。今回は、焼入れの意味、焼き戻しとの関係、焼きなまし、焼きならしの意味について説明します。※鋼は、下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

焼入れとは?

焼入れとは、鋼の熱処理の1つです。焼入れは、


加熱した鋼(温度は800〜900℃程度)を、水や油で、急速に冷やすこと

です。


焼入れを行うと、鋼は強度が高く、脆くなります。強度が高くなる点は良いですが、脆くなるのはデメリットです。そこで、粘り強さを与える熱処理を行います。


それが、「焼き戻し」です。焼き戻しは、


焼入れした鋼をやや低い温度(焼入れ温度の半分程度)で加熱し、空気で冷やすこと


です。焼き戻しを行うと、鋼は粘り強くなります。その代わり、強度が低下します。焼入れと焼き戻しを繰り返すことで、


強度が高く、粘り強い鋼

をつくります。

焼入れと焼き戻し、調質鋼と非調質鋼の関係

焼入れと焼き戻しを繰り返した鋼を、「調質鋼」といいます。熱処理を行わない状態や、焼なました鋼を、非調質鋼といいます。


なお、特殊鋼として耐火鋼、TMCP鋼があります。TMCP鋼は、焼き戻し加工を行い、靭性を高めた鋼材です。耐火鋼、TMCP鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係

焼きならしと焼きなましの関係

焼きならしと焼きなましの意味を下記に整理しました。


焼きならし ⇒ 鋼を加熱後、空気中で冷却すること

焼きなまし ⇒ 鋼を加熱後、炉の中で冷却すること

まとめ

今回は、焼入れについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。焼入れは、加熱した鋼を水や油で急速に冷やすことです。強度は高くなりますが、脆くなります。そこで、焼き戻しを行います。焼き戻しを行うと、鋼は粘り強くなります。焼入れと焼き戻し、調質鋼と非調質鋼の関係も覚えてくださいね。鋼の意味、特殊な鋼は下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 焼入れとは?1分でわかる意味、焼き戻しとの関係、焼きなまし、焼きならし