1. HOME > 鋼構造の基礎 > tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣認定

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣認定

tmcp鋼とは、圧延工程に水冷(水で冷やすこと)を取り入れることで、化学成分の添加を減らして強度を高めた鋼材です。普通、40mmを超える厚板は、降伏点が低いですが、tmcp鋼は降伏点を落とすことなく40mmを超える厚板が使用できます。今回は、tmcp鋼の意味、規格、板厚、40mmの板厚との関係、大臣認定との関係について説明します。


tmcp鋼は比較的特殊な鋼材の1つです。他の特殊鋼として、fr鋼があります。fr鋼は、下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

tmcp鋼とは?

tmcp鋼とは、水冷型熱加工制御鋼といいます。圧延工程に水冷を取り入れ、熱制御を行い、化学成分の添加を減らしつつ、強度を高めることができます。普通、厚板は炭素量が増え、伸び能力が低下しやすいです。


tmcp鋼は、化学成分の添加を減らしつつ、強度を高めるので、40mmを超える厚板でも伸び能力、溶接性を保持したまま、強度を高めることが可能です。また、40mmを超える厚板でも、降伏点が低下しないメリットがあります。


tmcp鋼は、JIS規定にない特殊な鋼材です(特殊な鋼材)。特殊鋼として、fr鋼があります。詳細は下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係


また、鋼材の種類は下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

tmcp鋼の規格

tmcp鋼は40mmを超えても、降伏点が低下しません。下記にtmcp鋼の機械的性質を示します。

tmcp鋼の降伏強度、引張強さ

tmcp鋼の伸び、絞り

tmcp鋼と板厚40mmとの関係

tmcp鋼の特徴は、40mmを超える板厚でも高い降伏点を保持することです。また、溶接性や伸び(降伏比)、絞り性能を損なわず使える鋼材です。※降伏比、絞りの意味は、下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

板厚方向とは?1分でわかる意味、絞り値、ラメラテア、引張力との関係

tmcp鋼と大臣認定の関係

tmcp鋼は大臣認定品です。JIS規格の鋼材でないことを覚えてくださいね。各高炉メーカーがtmcp鋼の大臣認定を取得しています。

まとめ

今回はtmcp鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。tmcp鋼は、圧延工程で水冷により熱制御を行い、化学成分の添加を減らしつつ、強度を高めた鋼材です。厚板は炭素当量が増え、伸び能力が低下します。tmcp鋼を使えば、伸び能力や溶接性を保持したまま、厚板を使えます。他にも色々な鋼材の種類があります。下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号


特殊な鋼材としてfr鋼があります。fr鋼は、下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣認定