1. HOME > 構造計算を学ぶ > 梁型とは?1分でわかる意味、使うメリット、読み方、柱型との違い

梁型とは?1分でわかる意味、使うメリット、読み方、柱型との違い

梁型とは天井面から部屋内に見えている梁の部分です。単に「梁」ともいいます。私が住むマンションでは、部屋の中に梁型がみえます。梁型がみえないよう天井で隠す部屋、逆梁にする部屋もあります。今回は梁型の意味、梁型を使う(みせる)メリット、読み方、柱型との違いについて説明します。※柱型については下記の記事が参考になります。

柱型とは?1分でわかる意味、梁型との違い、配筋、鉄骨・基礎との関係

梁型とは?

梁型とは、天井面から部屋の中にみえる梁の部分です。下図をみてください。これが梁型です。

梁型

古いマンションでは梁型が見えることもありますが、天井で隠すこと、逆梁にすることで梁型を隠します。下図をみてください。天井をはれば、部屋の中に梁型はみえません。

天井と梁型

また、逆梁にすれば、天井を張らなくても梁型はみえません。

逆梁と梁型

それぞれ一長一短ありますが、梁型の無い方が、部屋を開放的にみせることが可能です。


逆梁にすると天井面に梁型はみえませんが、階高が大きくなり経済性が落ちます。また必要な耐震性を満足するため、各部材が大きくなりやすいです。

梁型を使う(みせる)メリット

あえて梁型を使う建築も増えました。梁型を使うメリットは主にデザインです。例えば古民家風のカフェなど、梁型をあえてみせることでおしゃれな空間を演出できます。ただし、天井をはらない建物は、断熱面、室内環境に注意します。

梁型の読み方

梁型は「はりがた」と読みます。柱型は「はしらがた」です。

梁型と柱型との違い

梁型と柱型の違いを下記に整理しました。


柱型については下記の記事が参考になります。

柱型とは?1分でわかる意味、梁型との違い、配筋、鉄骨・基礎との関係

まとめ

今回は梁型について説明しました。梁型の意味が理解頂けたと思います。梁型や梁は隠すのが一般的でしたが、最近では梁型や梁をあえてみせる(使う)建築も増えてきました。特に古民家風の建築は、梁をみせるのがはやっています。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算を学ぶ > 梁型とは?1分でわかる意味、使うメリット、読み方、柱型との違い